この星の格闘技を追いかける

【Strikeforce】What a fight !!再び、テイトが腕十字で執念の一本勝ち

<女子バンタム級/5分3R>
ミーシャ・テイト(米国)
Def.3R3分28秒 by 腕十字
ジュリー・ケッジー(米国)

左から前に出るテイトだが、ケッジーの左ハイからパンチが彼女の顔面を襲う。そのままパンチで攻勢に出たケッジーは、左ミドルから右を振るうが空振りに。組みついてきたテイトにショートフックを再び打ち込んだケッジーは、ケージに押し込まれても体を入れ替え左ヒジを打ちこむ。離れながらワンツーを入れたケッジー、テイトの動きが落ちる。

遠い距離から低い姿勢で組みつくテイトをスプロールし、スタンドに戻ると勢いのあるパンチをケッジーが入れる。テイトは再び組みつくが、がぶられパンチを受ける。完全なスプロールから立ち上がったケッジーは、ダメージの残るテイトのパンチを一発受けたが、優勢は変わらない。テイクダウンを狙っては潰され、立ち上がり際にパンチを受けるテイトは、前蹴りで尻餅をつかされる。

パウンドに出たケッジーにテイトは三角狙いから、そのままスイープしマウントへ。さらに十字につなげたテイトだが、初回はケッジーのラウンドとなった。

2R、距離を詰めるテイトにケッジーが左から右を打ち込む。組まれても離れ際に左ハイを放つなど、ケッジーのペースが続く。さらに首相撲からヒザ、エルボーを入れたケッジーは、テイトの投げが崩れ、払い巻き込みのような形になると、そのままオモプラッタへ。

テイトは左腕が抜けない状態で、足に鉄槌を落し、クラッチを解きにいく。足が離れるとバックに回り込んだテイトは、前方に落されようになりながら四の字フックでバックマウントを奪取。パンチを落して、テイトが一気にリアネイキドチョークを仕掛ける。

前方を向いて絞めから逃れようとするケッジーをそのままサイドチョークで絞め続けたテイトは、マウントからエルボーを落す。足を一本戻したケッジーはリバーサル狙いへ。テイトはそこにギロチンを合せて踏みとどまり、スタンドへ戻る。ケージに押し込まれながらヒザ、エルボーを繰り出すケッジーに対し、テイトはダブルレッグへ。シングルに移行したテイトは尻餅をつかせる。背中越しに右腕を入れ耐え切り、2Rが終了する。

最終回、ケッジーの右フックに組みつくテイトだが、スプロールされスタンドへ戻る。2R終了時のテイクダウンの攻防で疲れたか、動きが悪いテイトのテイクダウン狙いに、ケッジーの右ハイがヒット。ケッジーは後方に倒れたテイトにパウンドを落としていく。と、虫の息かと思われたテイトが、ガードから腕十字へ。右腕を取られながら立ち上がろうとするケッジーだが、テイトはタイトに足を組み、アゴを刈っていく。

ついにケッジーの体が一回転し右腕が伸びる。残り1分45秒、テイトの頭を越そうとしたケッジーだが、ついにタップアウト。打撃で追い込まれたテイトが、今回は勝ち試合で技術、気持ちを見せたベストファイトで勝利者コールを受けた。

素晴らしい勝利を手にしたテイトは、メインの予想を尋ねられ、「ロウジーだと思うけど、カフマンは一発で試合を終わらせることができる」と答えた。

PR
PR

関連記事

iSMOS01

Movie