この星の格闘技を追いかける

【ONE91】15分間の体力と神経を削り合った激闘の末、仙三がダニー・キンガドに0-3の判定で敗れる

Kingado【写真】キンガドはこれで若松佑弥、和田竜光、仙三という日本人選手3人を破ったことになる(C)KEISUKE TAKAZAWA

<ONEフライ級(※61.2キロ)ワールドGP準々決勝/5分3R>
ダニー・キンガド(フィリピン)
Def.3-0
仙三(日本)

距離を取って右に回る仙三、キンガドは右ローを入れる。仙三の左が当たり、バランスを崩したキンガドだがすぐに姿勢を戻しローキック。これで仙三がバランスを崩すと飛びヒザを見せ、さらにダブルレッグでテイクダウンを奪う。スクランブルでバックに回ったキンガドは、両足をフックしバックマウントへ。場内に仙三コールが響きわたるなか、ギンガドがスクランブルを許さずバックを維持する。

残り2分を切り、仙三はついに胸を合わせていくが、キンガドも即立ち上がって足を取り、そのままトップを取り切る。ならばと仙三もシングルを取りつつ起き上がり、ケージにキンガドを詰めて右エルボー、さらに左をヒットさせる。直後にキンガドがダブルレッグでテイクダウン、20秒で仙三が立ち上がりノンストップの初回が終わった。

2R、左フックでバランスを崩した仙三にキンガドが後回し蹴り。仙三も右を振るうが、打撃戦で打ち勝てない。距離を取り直した仙三はカウンター狙いか。初回の反動もあるのか、手数、動きが減った両者。仙三が右フックを当て、キンガドのローに右を合わせていく。仙三の右で背中を見せて距離を取り直したキンガドがダブルレッグでテイクダウン、仙三のスイープ狙いを一回転して上をキープする。仙三はケージキックからスクランブルに持ち込み、スタンドへ。直後に右フックを空振りして手をマットにつく場面も。

力の入った攻防で、キンガドは明らかに動きが落ちたが、仙三の左を避けて組みつくとボディロックからバックに回る。ヒザを後方から入れたキンガドだが、相当にスタミナをロスし最終回を迎えることとなった。

最終回、キンガドが左ロー、キンガドも右ローを蹴る。互いにその時を待つかのような間合い争いのなか、パンチでバランスを崩した仙三にキンガドがヒザを入れる。起き上がって左フックを返した仙三は、足を止めて相打ち上等ファイトを展開する。ここでキンガドが、テイクダウン狙いからケージに仙三を押し付けてパンチを入れる。

スクランブルから逆にバックを取った仙三は、動きが止まったキンガドの背中に乗る。前方に落とされた仙三は、しっかりと立ち上がりパンチで前に出る。組み狙いの仙三をがぶったキンガドが、背中に乗ってキムラへ。極めさせずに起き上がった仙三が組んでいく。離れたキンガドは後回し蹴り、さらにローを蹴る。仙三は続く後ろ回し蹴りにバックを取り、背中に乗ってRNCへ。そのままタイムアップとなった。

まさに一進一退の攻防を15分に渡り繰り広げた両者、テイクダウン&コントロールではキンガド、打撃では仙三。ここはONEということを考えると仙三の手が挙げられてもおかしくないが……結果は3-0でキンガドに凱歌が挙がった。


PR
PR

関連記事

Martial World

Movie