この星の格闘技を追いかける

【Grachan36】寝技に持ち込んでからは圧倒、松場が山本をパウンドアウトにフライ級王者に

Tkashi Matsuba【写真】RIZINが来年と聞こえた松場のマイクアピールだった…… (C)MMAPLANET

9日(日)、東京都大田区の大田区総合体育館でGRACHAN36が開催された。から、タイトルマッチの4試合をレポート。第2弾はGrachanフライ級王座決定戦、松場貴志×山本聖悟戦の模様をお伝えたい。


<Grachanフライ級王座決定戦/5分3R>
松場貴志(日本)
Def.3R3分53秒by TKO
山本聖悟(日本)

01松場が山本の打撃を被弾せず、テイクダウンに持ち込めば勝利できる。その計算が十分に成り立っていたフライ級王座決定戦。まずは正面からニータップを切られた松場だが、山本の左フックに組みつき、一度は切られるもケージ際のクリンチに持ち込みボディロックから後方へテイクダウンに成功する。

02サイドで抑えた松場に対し、山本はハーフに戻すがすぐにパスを許してしまう。ここからのグラウンドの技量の差は明らかで、松場もスタンドに戻らせないために密着して抑え込みを続ける。最終盤に上体を起こしてパウンドを見舞った松場が初回を取った。

032R、山本の右にダブルレッグを合わせた松場。山本は尻餅状態からスクランブルに持ち込むことができず、クローズドガードを選択する。立たれる心配がない状況で松場は細かいパンチとパスを狙う動きで試合を絶対的に優位な状況で進める。

パスに成功し、サイドで首へのプレッシャーを強める松場に対し、山本は下のままの状態が続いた。

043R、KOしか逆転の目がない山本はマットについての蹴りを繰り出す。対して、松場はなぜか余裕がなくヒザを受けそうな位置で、真正面からダブルレッグへ。ここで上を取った松場は仕掛けを早くし、勢いのあるパウンドを落とす。

05山本は蹴り上げは繰り出すが、そこから立ち上がる動きと連動しておらず、捌かれパスガードされる悪循環から抜け出せない。結果、サイドを取った松場がクルスフィックで山本を捕らえ、パウンドの連打でTKO勝ちしベルトをその腰に巻いた。

前王者の鈴木隼人がONEに参戦中ということを踏まえたのか、「鈴木選手が戻ってくるのを待っている時間はありません。なのでRIZINに出たいです」と松場はアピール。試合展開で空気を読む必要はないが、マイクは空気を読んで欲しい新チャンピオンだった。

PR
PR

関連記事

MW

Movie

大会予定(現地時間)

TF ONLINE

ONE DAY