この星の格闘技を追いかける

【UFC222】マッケンジー・ダーン、厳しい局面を勝ち切りUFC初陣で判定勝ち

<女子ストロー級/5分3R>
マッケンジー・ダーン(ブラジル)
Def.2-1:29-28.29-28.28-29
アシュリー・ヨーダ(米国)

レオジーニョ・ヴィエイラを帯同し、初めてのオクタゴンに入場したマッケンジー。サウスポー、リーチで優るヨーダに対し、まずマッケンジーは右ローを蹴っていく。直後にワンツーを振るい、ヨーダの左にも怯まず組んでケージに押しこむ。右腕を差し、ボディロックから小外掛け、ケージを背に耐えたヨーダが離れることに成功する。左インサイドローを蹴ったヨーダが、左ミドル。マッケンジーは頭を下げるような姿勢でフックを振るって組んでいく。

凌がれると疲れる試合運びのマッケンジーは、ここもヨーダに距離を取られる。ヨーダのローをキャッチし、荒いパンチで前に出るマッケンジーは、一旦間合いを取るとまたもワイルドなパンチで距離を詰め、ダブルレッグからバックへ。しかし、ヨーダはここも胸を合わせて離れる。

ヨーダは左ストレートを当て、左ローでマッケンジーのバランスを崩す。右を当てたマッケンジーだが、左を被弾する。右から左を入れたヨーダ、寝技に持ち込めないままマッケンジーは初回を終えた。

2R、ヨーダの右ジャブに左ジャブを合わせたマッケンジーは、左右のフックに続き右ミドルを蹴っていく。ヨーダのパンチに合わせて組むことができないマッケンジーは、前に出てパンチを振るいながら組んでいく。右腕を差し、シングルに切り替えたマッケンジーはここもテイクダウンを取れない。

逆にケージに押しこまれヒザを受けると、ここでブレイクが掛かる。頭を下げてパンチを出すマッケンジーは、左ストレートをテンプルに浴びてダウンする。ヨーダは攻め急がず、左ミドルを蹴っていく。ローにパンチを合わされ、左ストレートを受けたマッケンジー。厳しい状況になりつつなか、前に出るしかないのだが、初回のように距離を詰めることができない。

残り1分、マッケンジーは右ローから右を当てるが、ヨーダの左に前進を阻まれる。と、残り10秒でダブルレッグを始めて見せたマッケンジー、これは決まらなかったが悪い試みではなかった。

最終回、「左ストレートしかないから、シングルレッグを狙え」という指示を受けたマッケンジーは、まず右ローで前足を蹴る。ヨーダの左にステップバックし、右を当ててシングルレッグへ。クラッチを外し、クリンチの状態になったマッケンジーは左エルボーを入れて離れる。

ワンツーを入れたヨーダが、マッケンジーをケージに押しこむも、体を入れ替えられヒザをボディに受ける。マッケンジーはシングルレッグも、首を刈られクラッチが切れる。残り2分30秒、ヨーダが左ハイを軽く見せ左ストレートを振るう。マッケンジーも左をヒットし、右ローへ。ついに前足にシングルに入りテイクダウンを決めたマッケンジーは、一気にバックを取りワンフックから両足にフックへ。

RNCを狙うマッケンジーは左腕を喉下に通し、ヨーダの右肩を掴んでからRNCグリップへ。アゴの上からの絞めを防いだヨーダだが、マッケンジーはバックを制したままパンチを打ち込んでタイムアップを迎えた。

2Rは落としたマッケンジーだが、思い通り柔術を使えない試合展開のなかで、打撃とシングルで好機を得てスプリット判定でUFCデビューを飾った。「ようやくここに来られて凄くハッピー。彼女は凄くタフだし、勝てて良かった。皆、UFCジッターのことを言ったけど、そんなことはなくてサウスポーだから戦い辛かったの。絞めが逃げられたのは、意外だったけど、ストライカー相手に打撃を見せられて良かった」と、辛勝を振り返ったマッケンジーは持ち前のポジティブな一面を見せていた。


PR
PR

関連記事

MW

Movie

TF ONLINE

ONE DAY