この星の格闘技を追いかける

【UFN126】試合結果 カウボーイ健在、メデイロスを初回KO。ルイスはティブラを大逆点!!

Cowboy【写真】勝利のコメントも漢気タップリだったセラーニ(C)Zuffa LLC/Getty Images

18日(日・現地時間)、テキサス州オースチンのフランク・アーウィン・センターでUFC Fight Night126「Cowboy vs Medeiros」が開催され、ドナルド・セラーニが華麗な復活を遂げた。

過去3連敗、うち2試合でKO負けというセラーニが、上り調子のブロウラーであるメデイロスとメインで拳を交えた。打たれ弱くなった印象はぬぐえないセラーニだが、左でメデイロスの前進を止めると、最後は右ストレートでKO勝ちした。

Lewisセミのヘビー級マッチはデリック・ルイスが初回にマルチン・ティブラと激しいスクランブル戦を繰り広げ、2Rに失速。これまでと思われた3Rに逆転KO。フランシスコ・トリナルドと対戦したジェイムス・ヴィックは絶妙の距離間から打撃を当てていたが、3Rはサークリングに終始。判定勝ちを収めた後に小指を骨折して、パンチが打てなくなっていたことを明かした。三者三様、気持ちを見せた勝利だった。

ファイト・オブ・ザ・ナイト=スティーブン・ピーターソン×ブランドン・デイヴィス
パフォーマンス・オブ・ザ・ナイト=デリック・ルイスカーティス・ミランダー


UFC Fight Night126「Cowboy vs Medeiros」
<ウェルター級/5分5R>
○ドナルド・セラーニ(米国)1R4分58秒
KO
詳細はコチラ
×ヤンシー・メデイロス(米国)
<ヘビー級/5分3R>
○デリック・ルイス(米国R2分48秒
KO
詳細はコチラ
×マルチン・ティブラ(ポーランド)
<ライト級/5分3R>
○ジェイムス・ヴィック(米国)3R
判定
詳細はコチラ
×フランシスコ・トリナルド(ブラジル)
<ウェルター級/5分3R>
○カーティス・ミランダー(米国)2R4分17秒
KO
詳細はコチラ
×チアゴ・アウベス(ブラジル)
<フェザー級/5分3R>
○ブランドン・デイヴィス(米国)3R
判定
詳細はコチラ
×スティーブン・ピーターソン(米国)
<ライト級/5分3R>
○セイジ・ノースカット(米国)3R
判定
詳細はコチラ
×チバウト・グーチ(フランス)
<ライト級/5分3R>
○ディエゴ・フェレイラ(ブラジル)1R1分58秒
TKO
詳細はコチラ
×ジャレッド・ゴードン(米国)
<ウェルター級/5分3R>
○ジェフ・ニール(米国)1R2分48秒
ブルドッグチョーク
詳細はコチラ
×ブライアン・カモージ(米国)
<フライ級/5分3R>
○ロベルト・サンチェス(米国)1分50秒
RNC
詳細はコチラ
×ジョビー・サンチェス(米国)
<女子バンタム級/5分3R>
○ルシエ・プシオワ(チェコ)3R
判定
詳細はコチラ
×サラ・モラス(カナダ)
<ウェルター級/5分3R>
○アレックス・モロノ(米国)1R1分12秒
ギロチンチョーク
×ジョシュ・バークマン(米国)
<ミドル級/5分3R>
○オスカル・ピホタ(ポーランド)1R1分54秒
TKO
×ティム・ウィリアムス(米国)
PR
PR

関連記事

MW

Movie

TF ONLINE

ONE DAY