この星の格闘技を追いかける

【UFN126】ニアダウンが2度でも手数で勝利?! ノースカットがグーチを下す

<ライト級/5分3R>
セイジ・ノースカット(米国)
Def.3-0:29-28.29-28.29-28
チバウト・グーチ(フランス)

左ジャブから右ストレート、前蹴りを見せたノースカット。グーチが右ストレートを当てるが、直後にダブルレッグでテイクダウンを奪われる。サイドで抑えるノースカットがエルボーを落とし、暴れるグーチを抑え込む。足を戻したグーチ、その直後に思い切りパウンドを落としたノースカットがスタンドへ。

グーチは右ストレートに右を合わせる。この一撃で前方に崩れたノースカットが組んできたところでギロチンを狙う。頭を抜いたノースカットに対し、ダブルレッグでケージに押しこむグーチはヒザ蹴りをもらって離れる。三日月気味の蹴りをセコンドの指示通り使い、後ろ回し蹴りにつないだノースカットは、グーチのテイクダウンを切るも自らのダブルもスプロールされた。

2R、左に回るノースカットがシングル、離れたグーチにヒザを狙う。グーチは飛び込んで左フックをヒット、続いて左ジャブから右ストレートを被弾したノースカットは引き込むようにガードへ。腰をコントロールし立ち際にパンチを入れるグーチはダブルレッグで、尻餅をつかせる。

足を束ねられ、ケージにスタックされるノースカットは受け身のファイトが続く。アンクルピックを防いで立ったノースカットは細かいヒジ打ちを入れる。ここでレフェリーがブレイクを命じ、ノースカットは右ミドルを受けて構えをオーソに変える。すぐにサウスポーに戻したが、腹が効いたか。

最終回、ノースカットの左サイドキックがグーチの顔面に入ったが、その前の蹴りが急所に入ったか、レフェリーが非常に悪いタイミングでブレイクを命じる。再開後、ノースカットはダブルレッグを仕掛けるが、グーチが切り逆にダブルレッグを決める。2Rと同じようにケージを背負って座った形のノースカットは、立ち上がって倒されるというパターンにはまってしまう。

スイッチを試み、ギロチンで立ち上がろうとするノースカット。立ち上がったところでレフェリーがブレイク、残り70秒のスタンド戦に。ノースカットは右ローからシングルレッグでグーチをケージに押しこむ。エルボーを入れて離れたノースカットは左フック、しかしダブルレッグを切られてしまう。最後に手をついての蹴りを狙ったノースカットだが、直後に左を被弾し試合終了を迎えた。

初回と2Rに打撃でニア・ダウンがあったノースカットだが、ジャッジ三者とも29-28で彼の勝利を支持した……。テイクダウン、コントロールタイムで優勢のグーチ。打撃の数はノースカットが上回っているが、前述したように2度ダウン気味のシーンがあった。それでも、手数が評価されたということか。


PR
PR

関連記事

r t One02

Movie