この星の格闘技を追いかける

【UFC216】期待のデュケノワ、背信の消極的ファイトでスタマンにスプリット判定負け

<バンタム級/5分3R>
コディ・スタマン(米国)
Def.2-1:30-27.29-28.28-29
トム・デュケノワ(フランス)

注目のフレンチ・ファイター=デュケノワは、スイッチを織り交ぜ頭の位置を大きく上下させる構えを見せる。構わず距離を詰めたスタマンがテイクダウンに成功するも、立ち上がったデュケノワが左ミドルを突き刺す。距離を詰めて右エルボー、ヒザ蹴りを突き上げる。スタマンのダブルレッグを切って、左ミドルを蹴り込んだデュケノワだが、直後にテイクダウンを許してしまう。

試合がスタンドに戻ると、ワンツーからテンカオ、さらに左ストレートをデュケノワが繰り出す。スタマンのローに左フックを入れると、エルボー&左ミドルで前に出るデュケノワが、左ハイを狙う。スタマンもワンツーを打ち返すなど、攻撃を受けている割にはダメージは少なそうだ。

2R、左前蹴りでデュケノワを突き放したスタマンだが、飛び込むところに左ハイを合わされてしまう。間合いを取り直したスタマンに対し、デュケノワは左ジャブを伸ばす。スタマンも左ジャブをダブルで返し、右ストレートへ。右オーバーハンドを入れたデュケノワは構えを変えて、オーソでも左ハイを放っていく。とスタマンはショートのワンツーからダブルレッグを決める。直後に三角を狙ったデュケノワは、一旦クローズドガードに収めると、細かいパンチを顔面に受ける。

草刈スイープを耐えたスタマンだが、スペースができたためデュケノワが立ち上がり右エルボーを入れる。棒立ちに近いスタンスで前に出るデュケノワにダブルレッグを決めたスタマンはバタフライガードを越えてハーフに。デュケノワはガードのままラウンド終了を迎えた。

最終回、スタマンが右ミドルを蹴り、左回しから右フックを振るっていく。デュケノワはスイッチを繰り返し、左ハイ。スタマンも構えを変えて、左フックを伸ばす。テイクダウンを警戒してか手数が減ったデュケノワに対し、スタマンが前に出る展開が目立つ。パンチからスイッチいて左ハイを狙うスタマンが積極的に動く。パンチ&ハイのリズムのスタマン、デュケノワは右の相打ちから間合いを取り直す。

残り1分を切り、スタマンが右を当てる。攻撃がないデュケノワは徹底的に足を使い待ちの展開を続ける。と、20秒を切って後ろ回し蹴りでバランスを崩したスタマンからトップを奪うも、これといった攻撃を見せることなくスタンドに戻り、タイムアップを迎えた。

期待が高かったデュケノワは尻すぼみのファイトで、スプリットで敗れた。デュケノワは16戦目の初黒星、逆に勝者スタマンはキャリア16勝1敗とした。

PR
PR

関連記事

Tokyo Int JJC

Movie