この星の格闘技を追いかける

【UFC215】試合結果 ヌネス防衛。ドスアンジョス&セフード、スティーブンスがインパクト残す

UFC215【写真】メインがなくなった今大会だが、プレリミから好勝負が多く見られた(C)Zuffa LLC/Getty Images

29月9日(土・現地時間)、カナダ・アルバータ州エドモントンのロジャース・プレイスでUFC215「Johnson vs Borg」が行われ、メインのUFC世界女子バンタム級選手権試合で王者アマンダ・ヌネスがヴァレンチーナ・シェフチェンコをスプリット判定で下し、2度目の王座防衛に成功した。

デメトリウス・ジョンソンの新防衛記録が掛かったフライ級世界戦はレイ・ボーグのウィル性疾患により消滅し、7月のタイトル戦が当日キャンセルとなったヌネス×シェフチェンコが代替メインとして組まれた。女子MMAの進化を伺わせる──接近戦は新ユニファイド判定導入であれば、シェフチェンコが勝利かと思われたが、ヌネスがスプリット判定でベルトを守った。セミでは元ライト級王者ハファエル・ドスアンジョスが、最初のトップ奪取からそのまま寝技でニール・マグニーを封じ込み、肩固めで一蹴。サイズの違いを問題としなかった。

繰り上がりPPVマッチとなったヘンリー・セフード×ウィルソン・ヘイスの一戦は、進化したセフードがその打撃のタイミングの良さ&破壊力でヘイスを圧倒し、TKO勝ち。ライバル不在のJDとの再戦が非常に楽しみとなる一戦だった。ジェレミー・スティーブンスは、あのギルバート・メレンデスをローであわやの戦意喪失に追い込み──判定ながら圧勝。上記のドスアンジョスの勝利を含め、3試合がサブミッションフィニッシュとなったが、RNCでもギロチンでもない非常に珍しい大会となった。

ファイト・オブ・ザ・ナイト=ジェレミー・スティーブンス×ギルバート・メレンデス
パフォーマンス・オブ・ザ・ナイト=ハファエル・ドスアンジョスヘンリー・セフード


UFC215「Nunes vs. Shevchenko 2」
<UFC世界女子バンタム級選手権試合/5分5R>
○アマンダ・ヌネス(ブラジル)5R
判定
詳細はコチラ
×ヴァレンチーナ・シェフチェンコ(ペルー)
<ウェルター級/5分3R>
○ハファエル・ドスアンジョス(ブラジル)1R3分43秒
肩固め
詳細はコチラ
×ニール・マグニー(米国)
<フライ級/5分3R>
○ヘンリー・セフード(米国)2R0分25秒
KO
詳細はコチラ
×ウィルソン・ヘイス(ブラジル)
<ライトヘビー級/5分3R>
○イリル・ラティフィ(スウェーデン)3R
判定
詳細はコチラ
×タイソン・ペドロ(豪州)
<フェザー級/5分3R>
○ジェレミー・スティーブンス(米国)3R
判定
詳細はコチラ
×ギルバート・メレンデス(米国)
<女子バンタム級/5分3R>
○ケトレン・ヴィエイラ(ブラジル)2R4分16秒
肩固め
詳細はコチラ
×サラ・マクマン(米国)
<女子バンタム級/5分3R>
○サラ・モラス(カナダ)1R2分51秒
腕十字
詳細はコチラ
×アシュリー・エヴァンズスミス(米国)
<フェザー級/5分3R>
○リック・グレン(米国)3R
判定
詳細はコチラ
×ギャビン・タッカー(カナダ)
<ライト級/5分3R>
○アレックス・ホワイト(米国)2R4分39秒
TKO
詳細はコチラ
×ミッチ・クラーク(カナダ)
<ヘビー級/5分3R>
○アージャン・ブラー(カナダ)3R
判定
×ルイス・エンヒッキ(ブラジル)
<ライト級/5分3R>
○ケイジャン・ジョンソン(カナダ)3R0分49秒
TKO
×アドリアーノ・マルチンス(ブラジル)
PR
PR

関連記事

Tokyo Int JJC

Movie