この星の格闘技を追いかける

【UFC215】イリル・ラティフィがペドロの勢いに負けず、圧し勝つ

<ライトヘビー級/5分3R>
イリル・ラティフィ(スウェーデン)
Def.3-0:30-27.29-28.29-28
タイソン・ペドロ(豪州)

ペドロの右ローをキャッチしてテイクダウンを狙ったラティフィだが切られる。またローを掴んできたラティフィの動きをかわし、バックを伺ったペドロは胸を合わされ離れる。直後にシングルでケージに押し込み、ボディロックでテイクダウンしたラティフィ。上四方を取られたものの、足を戻し立ち上がったペドロは右ミドルを蹴り込む。

呼吸を整えるようなラティフィに右前蹴りのペドロだが、続く左ハイにテイクダウを合わされる。サイドをとったラティフィは上四方に移行しノースサウスチョークを伺う。腹ばいになり起き上がったペドロをラティフィはケージに押し込んでハイクロッチ、ペドロはニンジャチョークを狙う。片ヒザをついた状態で左オーバーハンドを振るったラティフィは、左ハイをかわして初回を戦い終えた。

2R、ワンツーで前に出てショートフックを振るうラティフィに、ペドロが左ミドルを蹴る。踏み込んで左ミドル、離れて右ミドルのペドロはワンツーを打たれる。その後も左を当ててダブルレッグに出たラティフィが、シングルに切り替えてテイクダウン。右腕を差して左でパンチを叩き込むラティフィに対し、ペドロが立ち上がってダブルを切る。ケージい押し込まれた状態のペドロ―は、ラティフィの頭を胸に置いた状態から左を被弾した。

最終回、ペドロは右ロー、右前蹴りもラティフィは距離を詰めていく。そして、右オーバーハンドを振るって前へ。組まれない下がったペドロだが、ローに右を合わされる。前蹴りにもワンツーを狙ったラティフィの右アッパーがペドロの顔面を捉える。さらにローに右を打ち込んだラティフィがダブルレッグでケージにペドロを押し込み、抱え上げてテイクダウン。残り2分、スタンド、グラウンドで圧力を受け続け後のないペドロだが、すぐに立ち上がることができずパウンドを被弾する。ペドロはワキ差しパスを狙うも、ペドロもここは耐える。

ヒップエスケープも腰をコントロールされ、立てないペドロは細かいパンチを受けながらタイムアップを迎えた。圧し勝ったラティフィは「1年、ケガで試合ができなかったけどカムバックできて良かった」と話した。


PR
PR

関連記事

Tokyo Int JJC

Movie