この星の格闘技を追いかける

【UFC247】テイクダウンで追い込まれたルイスが、最後の15秒の猛攻でラティフィから判定勝ち取る

<ヘビー級/5分3R>
デリック・ルイス(米国)
Def.3-0:29-28.29-28.29-28
イリル・ラティフィ(スウェーデン)

ラティフィがヘビー級転向初戦で、15ポンド重いルイスと対戦。地元テキサスのファンの大きな声援を受けるルイスは、圧力を高めるとケージを背負ったラティフィに右を狙う。このタイミングで組みついたラティフィは、細かいパンチを打って離れる。ルイスは跳びヒザを見せるも、ラティフィは押し込んでクリンチからダブルレッグへ。さらにシングルにスイッチするが、ケージにもたれられてテイクダウンは奪えない。

ブレイク後、ルイスは左ハイを放つと、パンチから左ハイをもう一度見せる。ラティフィはここも組みついてシングル、レッグリフトもルイスは倒れない。離れたルイスは2度目の跳びヒザも空振りに終わり、クリンチを続けるラティフィにブーイングが送られた。

2R、アッパーを狙う素振りで距離を詰めるルイスが右ロー、そして左ジャブを放つ。ルイスは跳びヒザを繰り出す度に組まれてケージに押し込まれ、テイクダウンを耐えるという場面を繰り返す。ケージを背にしてヒザ蹴りを入れ、左腕を差して押し返したルイスだが、ヒザ蹴りを狙った際にもう一度体を入れ替えれそうになり、このタイミングでラティフィが小外掛けでテイクダウンを取られる。

ラティフィはワキ腹にパンチを落とすものの動きは少なくブレイクを命じられる。スタンドに戻ったルイスは素早い左ミドルも、両ワキを差したラティフィが体を捻って2度目のテイクダウンを決めた直後にラウンド終了となった。

最終回、ルイスが右を振るい跳びヒザへ。ここもラティフィが組みついてケージにルイスを押し込み、ボディロックテイクダウンに成功する。オクタゴン中央近くでトップを取ったラティフィは胸を合わせて、抑え込み時折りワキ腹から顔面にパンチを落とす。スクランブルでバックを譲りながら立ち上がり、離れることができたルイスだが、すぐに跳びヒザを狙い組まれ、またも小外でテイクダウンを取られる。ルイスはすぐに起き上り、ラティフィの間をついて右ハイ、そしてパンチを伸ばすとテイクダウン狙いを切って、右を当てる。

残り15秒、右アッパーを当てたルイスは下がるラティフィを追いかけて右を振るいタイムに。結果、この15秒の攻勢で3Rを取ったルイスが判定勝ちを手にした。


PR
PR

関連記事

Shooto

Movie