この星の格闘技を追いかける

【UFC215】スプリット判定でヌネスが王座防衛。「全く理解できない!!」、シェフチェンコは怒り爆発

<UFC世界女子バンタム級選手権試合/5分5R>
アマンダ・ヌネス(ブラジル)
Def.2-1:48-47.48-47.47-48
ヴァレンチーナ・シェフチェンコ(ペルー)

まず左ローを見せるヌネス。右ローを返したサウスポーのシェフチェンコは、しっかりと距離を取る。ヌネスも右前蹴りに右ジャブを合わせたチャレンジャーが、若干距離を詰める。ヌネスも無暗に前に出て、勢いのある右ハイキックを蹴っていく。素早い踏み込みから右を伸ばすシェフチェンコだが、まだ詰め切れない。相手の出方を伺う展開となり、ヌネスが右ミドルを見せる。シェフチェンコも左ハイを見せるが、これも届かず。と、前に出て右足を掴むチャレンジャー、すぐに離して間合いを取り直す。最後にシェフチェンコの左ジャブをキャッチして倒したチャンピオンのラウンドとなった。

2R、ヌネスが前蹴り。シェフチェンコが左ストレート、左ストレート。ワンツーで前に出たネスを押し返したシェフチェンコが、スーパーマンパンチを当てる。左ストレート、右フックのコンビを見せたシェフチェンコは組みに行って、ここもすぐに距離を取り直す。手数が減った王者は、左を被弾しやや気持ちが前へ。そこに左を打ちこむ挑戦者。打たせて、当てる――ではなく、打たせて下がる流れのヌネスは左ジャブをかわされる。シェフチェンコは後ろ回し蹴りを見せて、スーパーマンパンチから右ローで印象点も稼ぎ、最後も左を入れた。

3R、右前蹴りから左を伸ばすシェフチェンコは、ヌネスの右ハイをかわす。スーパーマンから右ローを再び見せたチャレンジャーに対し、ヌネスは攻め手がなかなか見つからないか。ワンツーで左をシェフチェンコが当て、ヌネスが左ジャブを当て返す。ならばとヌネスの右に左をカウンターで当てたシェフチェンコは、右をよけて左を狙う。サイドの関節蹴りを多用するヌネスに、挑戦者のスピニングバックブローは空振り。ヌネスのハイをブロックしたシェフチェンコが左ストレートを伸ばす。互いに攻勢点と呼べる攻撃がないまま残り45秒を切る。と、指を伸ばすなとヌネスに注意が入る。左ロー、左ストレートを当てたシェフチェンコは、スーパーマンパンチ。微差だが、ラウンドを取ったか。

4R、左スネをカットし流血が確認できるシェフチェンコが、かまわず左ロー。ヌネスは前蹴り、スーパーマンパンチを右で待ち受ける。左フックから右を当てたシェフチェンコに
王者が右ミドルを蹴っていく。シェフチェンコの左に右のカウンターを当てたヌネスは、シェフチェンコに左ストレートから首相撲&ヒザ蹴りをボディに受ける。右、そして左を当てたシェフチェンコは右前蹴り。ヌネスのパンチの打ち終わりに、踏み込んでパンチを届かせる挑戦者。ヌネスは下がって迎え撃つことがなかなかできず、パンチの被弾数ではシェフチェンコがリードする。

ワンツーからスリーまで見せるようになったシェフチェンコが、ハイキックをかわし周りこんでミドルを蹴る。ヌネスの右の空振りに、左を当てたチャレンジャーはここは取った。

ここまで初回は王者、2Rと4Rはチャレンジャー。3Rは微妙だがシェフチェンコか。最終回、ヌネスは左ローからワンツー。シェフチェンコが左と右を返す。この位置の打撃戦はチャレンジャーの方が経験は上だ。中間距離、やや遠目を支配するシェフチェンコは左ストレート、右ミドルを狙うがヌネスが下がってかわす。

と、ヌネスはダブルレッグを狙いケージにシェフチェンコを押し込む。左を差し、ダブルレッグを仕掛けたヌネスだが、シェフチェンコが耐える。ヌネスは自ら離れ、シェフチェンコが左ロー、クリンチでヒザを突き上げる。と、スーパーマンパンチに組まれたシェフチェンコが首相撲をすかされバックを許す。正座状態で足のフックを許さず立ち上がったシェフチェンコを再びヌネスがケージに詰めてダブルレッグをついに決める。

残り50秒、抑えに徹するヌネスにボトムからシェフチェンコが鋭いパンチを入れる。そのままクローズドガードの攻防となり、チャレンジャーがエルボーを放ちタイムアップに。終了後に下から蹴り上げぎみに離れようとしたシェフチェンコに対し、ヌネスがエキサイトする。

両者、勝利をアピールするなか、ジャッジが読み上げられる。3Rがどう判断されたか。結果、スプリットでヌネスが勝利し「彼女が疲れることは分かっていた。とても嬉しい。前回のことは皆に謝りたい。100パーセントの力を見せられないから、試合をしなかった。今日は100パーセントだった」と話した。

一方、シェフチェンコはファンのバックアップも受けて「判定は理解できない。テイクダウンはされたわ、2度。私のパンチはどれだけ当たった? 寝技だって私のパンチが当たっていた。ジャッジは本当に理解できない。彼女はこの試合で勝っていない。一発もパンチは当たっていない。私の方がハードに蹴っていたから、スネもカットした。3度目? その前にこの試合の裁定には全く納得していないから、そういうことじゃない」と怒りを爆発させた。


PR
PR

関連記事

Arzalet

Movie