この星の格闘技を追いかける

【HEAT40】王者対談─02─赤尾セイジ「一生懸命になれる才能」×春日井たけし「先輩であり、ライバル」

Akao & Kasugai【写真】決して春日井がむくれて、赤尾が苦笑い──というシーンではない。この写真の真意は対談のラストで。ちなみに春日井は故郷・山岡町で3番目に偉いそうだ…… (C)MMAPLANET

15日(土)、名古屋市熱田区の名古屋国際会議場イベントホールで開催されたHEAT40。チョ・ナムジンを倒し、フライ級王座を防衛。赤尾セイジがキム・ソンギュを破りベルトを守った。そんな両者が大会終了直後に行った対談後編。

春日井の気分がますます高揚するなか、赤尾が彼のキャリア序盤を振り返り、今後へエールを交換した。

<赤尾セイジ×春日井たけし対談Part.01はコチラから>


──自覚はしているので良かったです。

赤尾 でも最近、UFCってコナー・マクレガーがメイウェザーとボクシングをやったり、ちょっと危ういなって思いませんか? 

春日井 確かに、以前のようなガチガチな感じではないですよね。

赤尾 だからUFCという目標を掲げるのは良いことやけど、春日井にしても他のことも視野に入れるのも良いかと思っています。今も選手層は一番ですけどね、UFCは。あそこでジャスティン・スコッギンスに勝つ憂流迦選手って、本当に凄いですよね。

──日本大会ではジョズエ・フォーミガですしね。

春日井 えっ? フォーミガと戦うんですか?

赤尾 それはUFCも憂流迦選手のこと、買っているってことですね。

──UFCに出場したい春日井選手、どのようなアプローチを掛けているのでしょうか。

春日井 出場したい……のではなくて、出場するって決めているんです。僕の中でUFCへ行くのは決まっているんです。大和哲也さんが、K-1でゲーオに勝ってチャンピオンになるって決まっているんだって言われていた時、やっぱり本物は違うと感じたんです。

だから、僕はもう試合前も100パーセントで勝てる。俺は最強だっていう気持ちでいます。そうでないと、この競技はやっていけない。

MMAが好きだから言うんですけど、青木(真也)さんのMMAPLANETのインタビュー、あの通りです。MMAが究極のスポーツだと僕も思っています。サッカーもバスケも素晴らしいけど、自分はMMAをやっているんだし、MMAが究極です。一番凄いことをやっているのは、俺らなんだという自覚はあります。あの言葉は青木さんのMMAへの愛です。僕もMMAを愛している。

赤尾さんもRIZINに出たいなんて言葉じゃなくて出るって言った方が良いです。もう出るって決めて。

赤尾 なら、ハイ(苦笑)。僕も出るって言います。

春日井 そうですよ、トーナメントに赤尾さんは出るんですよ。もう出場選手に入っているんです。

赤尾 ハイ、補欠に入っています(笑)。

春日井 補欠じゃない。入っているのッ!!。出るって決まっているの。もう冗談なしに入っているんだから……。

赤尾 ハイ、入っています。もう……怖いわ(苦笑)。

春日井 僕はフライ級でも、バンタム級でもUFCに出ますから。9月23日、親父とお母さんと兄ちゃんをUFCに連れて行くんで。ほんと、出たい。本当に出させてほしい。

赤尾 出るって言っていたのから、下がってるやん(笑)。

春日井 出るから、ホントに。出させてくれぇ、頼む。

Seiji Akao──赤尾選手、春日井選手は出会った頃からずっとこのような感じだったのですか。

赤尾 そうですねぇ(笑)。2008年とかに、大須のNEXに春日井が来て。確かGSBとNEXを掛け持ちしていたんですけど「変な子やなぁ」とは思っていました。暑苦しいというか。全く才能も感じなかったし、光るところは一つもなかったです。

春日井 いやぁ、めっちゃ弱かったです。

赤尾 組んでみたら女の子みたいに、クネってなって。『弱ッ』って思いました。

Takeshi Kasugai春日井 赤尾さんが全日本アマ修斗の2位になるぐらいの頃から練習してきて。『全国に2位になった人が身近にいる。ちょっと、コイツやってやりたいなぁ』と思っていたら、もうチョー強かったんですよ(笑)。『なんだコイツ、めっちゃ強い』ってなって……。だから、僕にとって赤尾さんは憧れの存在だったんです。

赤尾 春日井は弱かったけど、何回もスパーで向かってきていましたね。ダウンとかしたら、泣きよるんですよ。でも、こういうヤツやし、強くなるんやろうなという気もしていました。

春日井 そんな風に思っていてくれたなんて、今も泣きそうになります……。(涙声で)そういう気持ちでなくなったら、僕は引退します。

赤尾 何で、泣くねん!!

春日井 そういう気持ちで格闘技と向き合えなくなったら、僕は引退します。

赤尾 それはそうしたらエェやん。

春日井 俺、コレしかないんですよッ!!

赤尾 分かったから(苦笑)。でも、ホンマに純粋ですよ。春日井、ずっとやっていたよなぁ? 修斗の新人戦の決勝で堀口(恭司)選手と戦った時、セコンドは春日井だったんです。

春日井 目の前で赤尾さん、吹っ飛ばされていました。

──何もそういうことを……(苦笑)。その頃と比較して、春日井選手も大人になりましたか。

赤尾 いや、なっていないですねぇ(笑)。

春日井 ちょっと、待ってください。

赤尾 でも、なったらアカンと思います。春日井の場合は特に自分のことに集中できているので、このままやるべき。

春日井 まるで僕が人のことを気にしていないみたいじゃないですか。僕だって気にしますよ。

赤尾 気にするけど、最後は自分を貫くやないか。そこは正直、羨ましいです。春日井はそこが良いところですよ。ここまで一生懸命になれる。それは春日井の才能やと思います。やはり人にはそれぞれの立ち位置があって、僕にも僕の立場というものがあるので、そういうことが貫けるのが春日井の良さやと思っています。

春日井 そうですね。引退したら、自分が培ってきたことを全力で注ぎこみたいので……。そうしたいから。指導はできないって赤尾さんは言ったけど、どうですかね?

赤尾 どうなんやろうな(笑)。でも、その気でおるなら、やらなアカンやろう。とにかく春日井は、一生懸命になれる。それが才能なんで。

でも今日の試合と、こないだ翔兵選手との試合で春日井は抜きん出てきた感がありますよね。

春日井 負ける時は前のめりに倒れて負けようという気持ちで戦っていました。そう思ったら、何も怖くなくなる。

赤尾 いやぁ、凄いわ。

春日井 もう暗示かけています。目覚まし時計も『俺が最強だ。俺が最強だ』って声で起きるようにしています。毎朝5時50分に!

赤尾 ……。他の人と比べると、そうではないんですけど、コイツを見ていると自分がまともやと思えます(笑)。けど、まぁ凄い男です。

──では、もう2人とも応援してくれた友人たちが待ちわびているので。ここで終了とさせていただきます。では、最後に互いに一言ずつ、エールを掛け合ってください。

春日井 赤尾さんは僕にとって先輩であり、ライバルです。僕も頑張るから、赤尾さんも頑張ってほしいです。

Seiji Akao & Takeshi Kasugai赤尾 ありがとう。春日井には僕が果たせなった夢を果たしてほしい。自分の現実に沿った目標を達成するのが、今の僕の夢なので。だから、春日井はUFCに行ってな。

春日井 ハイ……うぅ……。

赤尾 だから、泣くなって(笑)。

HEAT40
<HEATキック・ミドル級選手権試合/3分5R>
○ダニロ・ザノリニ(ブラジル)5R
判定
×リ・ジフン(韓国)
<HEAT総合フライ級選手権試合/5分5R>
○春日井”寒天“たけし(日本)2R4分51秒
RNC
詳細はコチラ
×チョ・ナムジン(韓国)
<HEAT総合ウェルター級選手権試合/5分5R>
○ソン・ソンワン(韓国)1R0分08秒
TKO
詳細はコチラ
×ネルソン・カルヴァロ(スイス)
<HEAT総合バンタム級選手権試合/5分5R>
○赤尾セイジ(日本)5R
判定
詳細はコチラ
×キム・ソンギュ(韓国)
<HEAT総合ヘビー級王座決定戦/5分5R>
○イ・サンス(韓国)5R
判定
詳細はコチラ
×ボブ・アームストロング(ニュージーランド)
<HEAT総合ライト王座決定戦/5分5R>
○オク・レユン(韓国)5R
判定
詳細はコチラ
×岸本泰昭(日本)
<キック・ヘビー級/3分3R>
○プリンス・アリ(イラン)2R0分20秒
KO
×カルロス・ブディオ(ブラジル)
<キック・ライト級/3分3R>
○般若HASHIMOTO(日本)4R
判定
×キム・ジンヒョク(韓国)
<ライト級/5分3R>
○ジャック・ベッカー(豪州)1R2分28秒
TKO
×星子STUDY裕介(日本)
<キック・女子57キロ契約/3分3R>
○鈴木万李弥(日本)3R
判定
×ジェニフェル・ファハス(ブラジル)
<ストロー級>
○猪原聖太(日本)2R4分44秒
肩固め
×いちょうSnugkinともなが(日本)
<キック・スーパーヘビー級/3分3R>
○ゴン・ジャンウン(韓国)1R1分51秒
KO
×KENTA(日本)
<NEWAGEキック・ウェルター契約/3分2R>
○安川侑己(日本)2R
判定
×大岩優太(日本)
PR
PR

関連記事

Tokyo Int JJC

Movie