この星の格闘技を追いかける

【HEAT40】スクランブルの名手、難敵チョ・ナムジンからRNCで一本勝ち。春日井たけし、魂の訴え

Kasugai【写真】ひたすら強さを追い求め、結果も出してきた春日井。この想い、届くのか(C)MMAPLANET

15日(土)に名古屋市熱田区の名古屋国際会議場で行われたHEAT40レビュー。5階級のMMAタイトル戦の模様──第4弾は衝撃の結末となったウェルター級選手権試合の模様をお伝えします。


<HEAT総合フライ級選手権試合/5分5R>
春日井”寒天“たけし(日本)
Def.2R4分51秒by RNC
チョ・ナムジン(韓国)

01左ローを蹴る春日井、チョ・ナムジンは踏み込んで大きく左を振っていく。春日井は前に出てケージにチョ・ナムジンを押し込み、右腕を差すとテイクダウンに成功する。

フックガードから首を抱えにきたチョ・ナムジンが、クローズドに組み直して後方回転──ギロチンスイープでマウントを奪取する。春日井は肩ブリッジからのスクランブルを制してトップを奪い返す。

02直後のチョ・ナムジンのバタフライスイープをすかしてバックを制した春日井は乗り過ぎで前方に落ちそうになると腕十字へ。そのままクローズドガードに移行し、結果的にチョ・ナムジンがトップを奪い返す形に。

チョ・ナムジンは左のパウンドを思い切り落とすも空振りとなり、マットを叩く。ここでドンという衝撃音が館内に響き、観客席に緊張感が走った。

03やがて首を抱えに行ったところで、足を抜かれた春日井はサイドを取られる。背中を預けて立ち上がった春日井、胸を合わせながら姿勢を乱したチョ・ナムジンに右を打っていく。一旦尻餅をついたチョ・ナムジンに対し、春日井はダブルレッグを仕掛けキムラクラッチを支点に上の奪い合いとなったところで初回が終わった。

042R、果敢に前に出る春日井が右を見せてダブルレッグ、一気に尻餅をつかせる。ウィザード&ケージにもたれて立ち上がったチョ・ナムジンが胸を合わせてくる。四つの攻防のなかで春日井のヒザ蹴りが急所に入り、試合は中断を余儀なくされる。

再開後、右ミドルハイから組み付いた春日井は左腕を差して、ボディロックへ。そのままテイクダウンを奪うと、立ち上がろうとしたチョ・ナムジンを潰して背中をマットにつかせる。

05春日井は頭を押し付け、オーバーフックを切ってチョ・ナムジンに亀の態勢を取らせる。

そのままバックを制してワンフックで横回転。左足を骨盤に当て、チョ・ナムジンが左を向けないようにした春日井は、あがいて右を向く=腹ばいになったチョ・ナムジンの背中に乗り、立ち上がろうとすると右足のヒザ裏を後方から抱えて、それを許さない。

06さらに仰向けとなり、両足をフックした春日井は、左腕を喉下に滑らせ全力で絞めていく。これでチョ・ナムジンが落ち、春日井は王座初防衛戦に成功。

スクランブルの名手、前ROAD FCフライ級王者を相手に初回はポジションを返されながらも、2Rは修正してフィニッシュに持ち込んだ春日井は、魂のUFC行きをアピールした。

PR
PR

関連記事

大会予定(現地時間)

Road FC45

HEAT41

Movie