この星の格闘技を追いかける

【HEAT40】想定外の組み力の持ち主キム・ソンギュを相手に組み勝った赤尾、RIZIN出場アピール

Akao vs Kim Seung-Gu【写真】意外にもガード、バックマウントを取られる滑り出しも、やるべきことをやり王座防衛に成功した赤尾(C)MMAPLANET

15日(土)に名古屋市熱田区の名古屋国際会議場で行われたHEAT40レビュー。5階級のMMAタイトル戦の模様──第3弾は赤尾セイジがバンタム級王座初防衛戦に臨んだ一戦をお伝えします。


<HEAT総合バンタム級選手権試合/5分5R>
赤尾セイジ(日本)
Def.3-0
キム・ソンギュ(韓国)

01初回、赤尾の右ローでバランスを崩したキム・ソンギュだが、バックを取られそうになったところで素早く立ち上がると、左ひじをマットについていた赤尾からトップを奪う。「下になることもある」と試合前に話していた赤尾だが、まさかの試合開始早々にガードを強いられる展開に。

02その赤尾が磨いてきたスクランブルの展開に持ち込もうと、ガードからすぐに上体を起こしてシングルに出るも、キム・ソンギュはがぶってバックへ回り込む。さらに起き上がろうとした赤尾に対し、ワンフックで寝技に持ち込もうとする。懸命に両ヒザをつき、立ち上がろうとした赤尾だが、何とキム・ソンギュは両足をフックして寝技に持ち込むと、スクランブルに持ち込ませないよう即マウントに移行する。

03背中を譲り、RNCを耐えつつ前方にキム・ソンギュを落とそうと試みる赤尾だが、そうなると頭を先についてバックマウントをキープされる。

両足をフックされたなかで、右向きに体を捻り、胸を合わせていく赤尾──キム・ソンギュはここもしっかりと背中についていく。2度、3度とこの攻防が続き、赤尾はバックマウントを許した状態で初回を戦い終えることとなった。

042R、頭から突っ込むようにパンチを振るい、右ローを見せたキム・ソンギュ。赤尾はダブルレッグを仕掛けるが、キム・ソンギュがスプロール。そのままケージに押し込まれた赤尾が、ウィザードから投げを打つ。両者腹ばいになるも、キム・ソンギュは左腕を差し上げておりバックを譲らずスタンドへ。

05金網に押し込まれた赤尾だったが、体を入れ替えると左腕を差し上げ、一気にダブルレッグに持ち込んで尻餅をつかせることに成功する。そしてキム・ソンギュの両足を束ねて、ヒザをついた左腿に乗せて立ち上がらせない。キム・ソンギュが左腕で頭を巻いてくると、赤尾はマットに着いた右手を払いにいく。ケージを背にしたキム・ソンギュはここで立ち上がるが、赤尾は右腕を思い切り差し上げて前方に崩し、オーバーフックを切ってバックに回り込む。

06両足をフックに掛かった赤尾は、腹の下でキム・ソンギュを泳がせしっかりとトップハーフを奪取。足を戻すキム・ソンギュに対し、赤尾の動きはその先を行き、パスのプレッシャーを強める。と、クローズドガードに戻してきたところで、起き上がって左のパウンドを思い切り落とした。ここで抑え込みがルーズになり、キム・ソンギュに立ち上がることを許した赤尾だが、残り時間は僅か。初回の失点を取り戻した。

073R、打撃の交換から組み付いた赤尾は、一度は右ワキを差され崩されそうになるものの、スクランブル戦で粘れなくなってきたキム・ソンギュにシングルを仕掛けてスタンドに戻ることに成功する。そして、一旦ケージに押し込んでシングルレッグでテイクダウン。ハーフから足を抜いてパス、首を抱えに来るキム・ソンギュが自然とレッグドラッグの形になり腰が切れない状況に。

サイドを取られケージを蹴って逃げようとしたキム・ソンギュだが、これはならず3Rが終了する。キム・ソンギュが赤尾のスクランブルゲームでスタミナを消耗したのは明らかだった。

084R、打撃の交換からダブルレッグでキム・ソンギュをドライブした赤尾が、一気にテイクダウンし即サイドで抑え込む。

上四方に移動した赤尾に対し、キム・ソンギュはハーフガードから体を起こしていくが、潰されて背中をマットにつけた状態が続く。赤尾は肩固めを狙いつつ、反応してきたキム・ソンギュにパンチを入れ背中を向かせるとバックを取りに行く。

09キム・ソンギュが必死に胸を合わせてくるところで、右足を挟んでボディロック。背中をつけられるのを嫌がり、立ち上がろうとすると再びバックを狙う。これを嫌がり、キム・ソンギュはまた胸を合わせていく。試合は完全に赤尾のペースとなった。

11最終回、劣性のキム・ソンギュが左ワキを差してテイクダウン。試合を諦めていない気概を見せる。逆にここでの踏ん張りが意外だったのか、赤尾は簡単にマットに背中をつけてしまう。赤尾は蹴り上げから立ち上がろうとしたがキム・ソンギュがバックへ。

しかし、すぐに胸を合わせた赤尾が足を一本抜いてトップハーフで抑え込む。さらにパスを決めると、さすがにキム・ソンギュも諦めの表情が浮かぶ。

12マウント狙いの赤尾、足を戻すキム・ソンギュだが抑え込みを解くことはできない。ここでタイムアップを迎え、予想以上に組みが強かった挑戦者を下した赤尾は「僕はUFCとかいえないので、RIZINに出たいです。こんなショッパイ試合をしてて言えないんですけど──少しでも応援してくれる人に、高見にある姿を見てほしい。RIZINバンタム級トーナメントは各団体にチャンピオンが出るということなのですが、HEATのチャンピオンに声が掛かっていません」とRIZIN出場をアピールした。

PR
PR

関連記事

Arzalet

Road FC43

Movie