この星の格闘技を追いかける

【DEEP & Pancrase Osaka】バックを取られても落とし、TD&コントロールで赤尾が城田に快勝

<バンタム級/5分3R>
赤尾セイジ(日本)
Def.3-0:30-27.30-27.30-27
城田和秀(日本)

右を当てて一発でダブルレッグを決めた赤尾。城田はケージ際に移動するが回されて背中をつける。バタフライから潜ってシングルに出た城田を潰した赤尾は、がぶりつつエルボーを入れる。城田は引き込んでバタフライフックも足を一本抜かれて細かいパンチを打たれる。赤尾は勢いのあるエルボーに切り替え、城田を削っていく。ハーフからパスを決めた赤尾は、足を入れつつレッグドラッグ気味に殴る。腰を切って正対できた城田は背中を預けつつ立ち上がるもワンツーを被弾、続いて右を受けて組まれる。赤尾が文句なしに初回を取った。

2R、打撃戦のなか足払いで赤尾を崩した城田がバックへ。真後ろは譲らない赤尾を煽る城田だが、前方に送られダブルレッグで一気に倒される。赤尾はサイドで抑え肩パンチ、ここからアメリカーナを仕掛けるが、抜いた城田がスクランブルでバックに回る。後方回転で背中についた城田はワンフックで絞めを狙う。赤尾は手首を掴んで防ぎ、立ち上がって城田を前方へ落とそうとする。着地を選択した城田はケージに押し込まれ、一度は体をいれかえたが、結局金網に背中を付けた状態でラウンド終了を迎えた。

最終回、左を当てた赤尾が、城田の左に組みつきケージに押し込む。シングルで上を取った赤尾がハーフからエルボーを落とす。足を抜いた赤尾はマウントから肩固めへ。パンチに転じ、マウントを維持した赤尾が再び肩固狙いから、横回転で背中を見せた城田のバックを制する。四の字フックで尻をずらさせない赤尾が後方からパンチを入れる。最後までバックを制し続けた赤尾がフルマークの判定勝ちを収めた。


PR
PR

関連記事

iSMOS01

Movie