この星の格闘技を追いかける

【DEEP & Pancrase Osaka】2Rまでのリードを守った三村がスプリットで土肥に競り勝つ

<バンタム級/5分3R>
三村亘(日本)
Def.2-1:29-28.29-28.28-29
土肥潤(日本

すぐにケージの土肥を押し込んだ三村が、頭を抱えられてもう1度ケージに押し込んでいく。ネルソン気味にクラッチを組み、続いて逆の手でギロチンを土肥が仕掛ける。三村は頭を抜いて右フックを2発打ち込む。土肥は組んで引き込むと、キムラ狙いへ。ここで立ち上がった三村は、再び下になった土肥のスイープで下にされる。

三村はブリッジで上を取り返すと、土肥がギロチンスイープを決める。バタフライフックからクローズドに切り替えた三村のハイガードに対し、土肥はヒザを臀部に押し付けガードを割ろうとする。エルボーを額に受けた三村がケージ際まで移動し立ち上がることに成功する。金網に土肥を押し込み返した三村がジャッジ3者の票を集めた。

2R、右を当ててケージに土肥を詰めた三村が、トップを取りサイドへ。足を戻した土肥がゴゴプラッタを狙う。立ち上がった三村に組みつた土肥はバックへ。仰向け状態で両足をフックした土肥がRNCを仕掛ける。三村は胸を合わせにいきエスケープし、前方に土肥を落としに掛かる。下にされた土肥はケージを蹴ってヒザ裏を取り、ヒザ十字かスロエフ・ロック狙いへ。諦めた土肥からトップを取った三村が逆にバックを狙う。土肥は引き込むも、ハーフから足を抜かれてマウントを取られ、バックに移行される。

今度は土肥が胸を合わせて、腿の上にスネを置いてパンチを落とす。三村はギロチンを狙うが、頭を抜いた土肥がパスを仕掛けタイムに。激しく上下が入れ替わったラウンドは2人が三村、1人が土肥のラウンドとした。

最終回、シングルレッグで上を取った土肥がハーフから足を抜いていく。腰を切り、パスに成功すると背中にヒザを打った土肥は、三村のエビにも抑えを続けてエルボーを落とす。ポイント的に一本が必要な土肥はエルボーを顔面に押し付け、側頭部にヒジを入れる。ヒジで顔をこすり、サイドで抑え続ける土肥に対し、三村はブリッジもスクランブルには持ち込めない。土肥は最後までサイドをキープし続けたものの、ビッグラウンドとはできず。2-1で三村が判定勝ちを収めた。


PR
PR

関連記事

iSMOS01

Movie