この星の格闘技を追いかける

【HEAT40】オク・レユン、組みだけでなく打撃に強さを見せて岸本を圧倒。ライト級チャンピオンに

Ok vs Kishimoto【写真】石川英司戦で見せた組み&接近戦での打撃に加え、離れた距離の打撃にも強さを見せたオクに対し、どうにも岸本はテイクダウンを取れなかった(C)MMAPLANET

15日(土)に名古屋市熱田区の名古屋国際会議場で行われたHEAT40レビュー。5階級のMMAタイトル戦の模様をお伝えしたい。まずはライト級王座決定戦、オク・レユン×岸本泰昭から。


<HEAT総合ライト級王座決定戦/5分5R>
オク・レユン(韓国)
Def.3-0
岸本泰昭(日本)

01初回、サウスポーの岸本が左ローを蹴っていく。オクも右前蹴りを見せ、さらに右ハイ&右ローを蹴ると、岸本はオーソに構える場面も。さらにオクの右オーバーハンドに左ジャブを合わせた岸本は組んで、大内刈りを見せるがオクは倒れない。逆に小外掛けでテイクダウンに奪ったオクに対し、岸本は背中を預けてヒザ十字を仕掛ける。

02足首をさばき、体を捩じってエスケープしたオクが岸本の立ち上がり際に左ストレートを当てた。ケージ際で細かいパンチを受けた岸本はシングルを切られると、ヒザ十字を仕掛けつつケージを背にして立ち上がる。続くテイクダウン狙いも切られた岸本は初回リードを許した。

042R、岸本はオクの左にシングルを合わせ、切られながらもケージまで押し込んでいく。低い姿勢で体が伸びた岸本はバックを譲り、両足をフックされてしまう。胸を合わせつつスクランブルに持ち込んだ岸本だが、オクにテイクダウンを潰されると引き込んでガードへ。オクは離れてスタンドを要求し、岸本のテイクダウン狙いをまたも切るとオーソの構えの岸本に右クロスを打ち込む。

効かされた岸本は組みから引き込んでいくが、当然オクは付き合わずスタンドで待ち受ける。岸本は打撃が大きくなったが、それでも右を当ててテイクダウンへ。これも切られて厳しい局面が続いた。

053R、左を見せて抜群のタイミングでダブルレッグを仕掛けた岸本。しかし、オクはここでも倒れない。ケージにそのオクを押し込んだ岸本がスピニングバックフィストを見せて離れる。岸本はここからロー、前蹴り、右ストレートの距離が良くなる。

06しかし、左を被弾し続くシングルも失敗。オクの打撃戦に怯まず、手を出した岸本がついにダブルレッグからテイクダウンに成功する。足を一本抜いたところでラウンド終了、岸本は流れを掴みかけたか。

4R、岸本に3Rの終盤の流れを持続させたい大切なラウンド。岸本の右ジャブに、オクも右ストレートを返す。ここで岸本は振りの大きな左から首を取り、タイクリンチへ。オクは首を取り返し、クリンチアッパーを連続で突き上げる。ケージに押し込まれた岸本は体を入れ替えて離れるも、右を被弾し頭を下げてテイクダウンへ。殴られ、がぶられ引き込む悪いパターンに逆戻りし、オクが流れを譲らない。

意を決したような打ち合いで力が入ったのか、オクがバランスを失う場面も見られるが、基本的に岸本のパンチを見切ることが多い。さらにオクは左ジャブから右、ワンツーを決めるなど攻勢のまま試合が最終ラウンドへ。

095R、サウスポー、ローを入れ近い距離で左を当てた岸本。オクが下がる場面で岸本はダブルからシングルを狙う。しかし、右腕を差したオクがワキを潜ってバックに回り込む。離れたオクは、足への仕掛けを遮断。もう一度クリンチでバックに。組みの受けの強さ、打撃の距離と岸本を圧倒するオク。顔面を腫らし、流血の岸本も左、右を交互に当てるが、ダメージを与えるに至らない。最後はシングルを切られ、座ってしまうような態勢になった岸本は、足を取りにいき引き込んで試合を終えた。

3R以外を失った岸本、3-0の判定勝ちを決めたオク・レユンがHEATライト級のベルトをその腰に巻いた。

PR
PR

関連記事

Arzalet

Road FC43

Movie