この星の格闘技を追いかける

【JBJJF】盛り上がりを見せた第1回北日本柔術選手権レポート!!

North Japan【写真】紫帯ミドル級優勝の宮下、同ルースター級の佐藤、関東勢と東北勢の激突が第1回大会を盛り上げた(C)JBJJF

21日(日)、岩手県盛岡市立武道館でJBJJF主催の「第1回北日本柔術選手権」が開催された。東北地方も柔術の熱を高めようと呼びかけて実現した同選手権は、都内からの遠征組も含めて大いに盛り上がった。
Text by Takao Matsui


北日本選手権の開催に協力した草柔会岩手の阿部宏司代表は、アダルト茶帯フェザー級にエントリーしたが対戦相手が現われずに一人トーナメント優勝。地元で雄姿を見せたかっただけに、残念な形となった。それでも、トライフォース新宿から佐藤智彦、パラエストラ東京からは上田直毅が参戦して各階級を盛り上げた。

アダルト紫ルースター級は、佐藤智彦とパラエストラ八戸の沼田賢治がワンマッチで対戦。まず佐藤がダブルガードから立ち上がり、アドバンテージを先制。すると沼田がトライポッドスイープを決めて、2ポイントを奪った。佐藤が裾を持って立ち上がり、2ポイントを奪い返す。パスガードを仕掛けるも、沼田のタートルポジションが固く、アドバンテージ止まりに。

場外からのリスタートで先に引き込んだ佐藤がスイープを決め、ポイント4-2とリード。沼田はパスガードやバックを狙うがアドバンテージ止まりとなり、佐藤が優勝を決めた。

ワンマッチになったアダルト紫ミドル級は、草柔会岩手の宮下聖基が上田と激突。上田は対戦相手の不在により、ライトフェザー級から3階級上のミドル級にチェレンジしての試合となった。

上田が積極的にシングルレッグを仕掛けていくが、柔道ベースの宮下はなかなか崩れない。上田が引き込んでクローズドガード。ラペラチョークを狙うも、宮下がディフェンス。上田がクローズドガードを解除して仕掛けを作った瞬間に、宮下はヒザで相手の足を潰しながらパスガードを狙う。これで宮下がアドバンテージを獲得した。その後も上田がクローズドガードから攻めるが、宮下は守り切り、アドバンテージ1差で優勝を収めた。

■第1回北日本選手権主なリザルト

【団体成績】
優勝 草柔会岩手
準優勝 グラアカ釜石ベース
3位 一丸柔術 

【アダルト紫帯ルースター級】
優勝 佐藤智彦(トライフォース新宿)
準優勝 沼田賢治(パラエストラ八戸)

【アダルト紫帯ミドル級】
優勝 宮下聖基(草柔会岩手)
準優勝 上田直毅(パラエストラ東京)

【アダルト紫帯オープンクラス】
優勝 宮下聖基(草柔会岩手)

【アダルト茶帯フェザー級】
優勝 阿部宏司(草柔会岩手)

【アダルト茶帯ライト級】
優勝 高橋大記(草柔会岩手)

※1人トーナメント

PR
PR

関連記事

Tokyo Int JJC

Movie