この星の格闘技を追いかける

【All Japan JJC2019】ADCCアジア&オセアニア代表の岩本健汰が紫帯ライト・無差別でダブルゴールド達成

Iwamotty【写真】道着でも結果を出した──公園でジョイントマットを敷いて練習する岩本(C)SATOSHI NARITA

4日(日)、東京都文京区の文京区総合体育館でJBJJF主催の全日本ブラジリアン柔術選手権=競技柔術の日本一を決めるトーナメントが開催された。今回は紫帯各階級の模様をお伝えしたい。
Text by Satoshi Narita


ルースター級は高尾広喜(エクストリーム柔術アカデミー)がナポリス・ギアンケネス(ヒロブラジリアン柔術アカデミー横浜)を下して優勝。ライトフェザー級では、エリック・メネギン(CARPE DIEM)が“猿飛流”の名でMMAにも参戦する榎本悟(リバーサルジム川口リディプス)に勝利し、離脱を前にチームの団体優勝に貢献した。

フェザー級は同じくCARPE DIEMの平田孝士朗が優勝。決勝までの3試合を腕十字、フットロック、チョークで勝ち上がり、決勝ではギレルメ・ナカガワ(ボンサイ柔術)を2-0で退け、2年振りの全日本制覇を成し遂げた。

色帯のトーナメントの中でも会場の注目を集めていたのが、21名が参戦したライト級だろう。9月のADCC本戦に出場する岩本健汰(トライフォース)は初戦をRNC、2回戦を8-0と圧勝。準決勝では昨年の全日本王者・風間敏臣(パラエストラ)を4-0で下し、青帯王者で紫帯初挑戦の鹿志村仁之介(ストライプル茨城)との決勝も、鹿志村の再三のサブミッションを阻止し、4-0で完封しての優勝だった。

ミドル級は本命のグラント・ボクダノフ(KUSSANO TEAM)が柳井夢翔(リバーサルジム新宿Me,We)との決勝を4-0で制して全日本連覇。ミディアムヘビー級はサンディエゴを拠点とするザビエル・シウバがIGLOOからエントリーし、パンクラスでMMAを戦う脇本恭平(T-REX柔術アカデミー)から3分22秒、腕十字を極めて日本一を手にしている。

ヘビー級は初戦を襟絞めで快勝したケイゾー・オサキ(KUSSANO TEAM)がアルマンド・リュッベ(ボンサイ柔術)との決勝を8-0で快勝し、全日本初戴冠。ウルトラヘビー級は渕上幹斗(DESTINY JIU-JITSU)がエドワード・ジメネス(パラエストラ)とのワンマッチ決勝を制している。

無差別決勝は岩本と風間の再戦に。岩本は5月のADCCトライアルで見せた足関も繰り出し順当に勝ち上がり、風間も準決勝でザビエル・シウバを腕十字で下し勢いに乗っての決勝進出だったが、結果は4-2でまたも岩本が勝利。岩本は全日本初制覇をダブルゴールドで飾った。

女子紫帯は石黒遥希(CARPE DIEM)、カロリーナ・クワハラ(インファイトジャパン)と、世界を舞台に戦う若手柔術家がそれぞれライトフェザー級、ライト級を制している。カロリーナは無差別にも参戦し、決勝ではヘビー級で一人優勝のダルバ・イマムラ(IGLOO)をボー・アンド・アローで一蹴し、ダブルゴールドを獲得した。

■第20回全日本ブラジリアン柔術選手権 紫帯リザルト

【アダルト紫帯ルースター級】
優勝 高尾広喜(エクストリーム柔術アカデミー)
準優勝 Giankenneth Napolis(ヒロブラジリアン柔術アカデミー横浜)
3位 駒木根啓靖(リバーサルジム新宿Me,We)、大森和哉(ポゴナ・クラブジム)

【アダルト紫帯ライトフェザー級】
優勝 エリック・メネギン(CARPE DIEM)
準優勝 榎本悟(リバーサルジム川口リディプス)
3位 三瓶翔也(トライフォース柔術アカデミー)、篠田光宏(トライフォース柔術アカデミー)

【アダルト紫帯フェザー級】
優勝 平田孝士朗(CARPE DIEM)
準優勝 ギレルメ・ナカガワ(ボンサイ柔術)
3位 赤司真啓(トライフォース柔術アカデミー)、鈴木和宏(トライフォース柔術アカデミー)

【アダルト紫帯ライト級】
優勝 岩本健汰(トライフォース柔術アカデミー)
準優勝 鹿志村仁之介(ストライプル茨城)
3位 風間敏臣(パラエストラ)、高橋正寿(CARPE DIEM JIYUGAOKA)

【アダルト紫帯ミドル級】
優勝 グラント・ボグダノフ(KUSSANO TEAM)
準優勝 柳井夢翔(リバーサルジム新宿Me,We)
3位 高橋快人(GOKITA GYM)、三浦寛喜(和術慧舟會HEARTS)

【アダルト紫帯ミディアムヘビー級】
優勝 ザビエル・シウバ(IGLOO)
準優勝 脇本恭平(T-REX柔術アカデミー)

【アダルト紫帯ヘビー級】
優勝 ケイゾ—・オサキ(KUSSANO TEAM)
準優勝 アルマンド・リュッベ (ボンサイ柔術)
3位 平山敬悟(パラエストラ八王子)、村上優(吹田柔術)

【アダルト紫帯ウルトラヘビー級】
優勝 渕上幹斗(DESTINY JIU-JITSU)
準優勝 エドワード・ジメネス(パラエストラ)

【アダルト紫帯オープンクラス】
優勝 岩本健汰 (トライフォース柔術アカデミー)
準優勝 風間敏臣 (パラエストラ)
3位 ザビエル・シウバ(IGLOO)、大宮優(IMPACTO JAPAN B.J.J)

【女子アダルト紫帯ライトフェザー級】
優勝 石黒遥希(CARPE DIEM)
準優勝 シャーリーン・マルソ(インファイトジャパン)
3位 澤田明子(DRAGON’S DEN)

【女子アダルト紫帯ライト級】
優勝 カロリーナ・クワハラ(インファイトジャパン)
準優勝 岸田蘭音(柔専館)
3位 坂本陽(タトル)

【女子アダルト紫帯ヘビー級】
優勝 ダルバ・イマムラ(IGLOO)
※一人優勝

【女子アダルト紫帯オープンクラス】
優勝 カロリーナ・クワハラ(インファイトジャパン)
準優勝 ダルバ・イマムラ(IGLOO)
3位 岸田蘭音(柔専館)、坂本陽(タトル)

PR
PR

関連記事

Shooto

Movie