この星の格闘技を追いかける

【Shooto】マルチネスに勝ちきった扇久保がRIZIN出場をアピール!!

<フライ級/5分3R>
扇久保博正(日本)
Def.3-0:30-27.29-28.29-28
ダニー・マルチネス(米国)

左フックを振るって前に出てくるマルチネスにシングルを仕掛けた扇久保が、バックに回り込む。足を払ってきたマルチネスからしっかりとバックを取った扇久保が両足をフックする。腰をずらして胸を合わせてきたマルチネスが立ち上がる。マルチネスをケージに押し込んだ扇久保は、ダブルレッグでテイクダウン。足を跨いで立ち上がったマルチネスはダブルレッグでトップを奪い返す。

立ち上がった扇久保はワキを潜ってバックへ。マルチネスの前転をついてバック、スクランブルからマルチネスのシングルを許さず背中を取り続ける。胸を合わせて離れたマルチネスに対し、扇久保はハイキックもバランスを崩してしまう。立ち上がった扇久保にマルチネスの右から左がストレートヒット。腰が落ちた扇久保はさらに左ハイを被弾しダブルレッグを許してしまう。エルボーを落とすマルチネスが、左のパウンド。扇久保が蹴り上げで突き放したところで初回が終わった。

2R、扇久保の組みを切ったマルチネスのボディが急所に。再開後、扇久保が右を当てる。シングルが遠い扇久保が右ミドルから組み付く。シングルにバックに回ろうとする扇久保だが、マルチネスが許さず離れる。口が開いているマルチネスに右を入れた扇久保が、テイクダウンを奪う。スクランブルではバックを取り切れなかった扇久保は、離れるとマルチネスの左をかわして右前蹴り。

さらにシングルからバックに回った扇久保は、マルチネスをリリースしシングルからダブルで持ち上げようとする。足首を掴んで防いだマルチネスの背中をマットに着かせパウンドを落とした扇久保。立ち上がったマルチネスが左を伸ばす。扇久保はアッパー、マルチネスの左は振りが大きく体も流れ気味になっている。左を当てたマルチネスだが、この回は扇久保が取った。

3R、ショートの連打で前に出たマルチネス。テイクダウン狙いに失敗したマルチネスのバックを取った扇久保が、離れ際にハイを狙いすかさずシングルへ。マルチネスは前転から後方へエルボー、足を一本入れて両足をフック。そのままRNCに入った扇久保、マルチネスは手首をはがして離れる。マルチネスの左をかわした扇久保がテイクダウンを決める。

前転して上を取ったマルチネスは右のエルボー、さらに左のパウンドを落とす。蹴り上げからスタンドに戻った扇久保は左を当てられたが、テイクダウ狙いから腕十字へ。これを防いだマルチネスが上を取る。扇久保も立ち上がり、最後の打撃戦で左ハイを見せてタイムアップへ。

結果、組みで攻勢に出た3-0で扇久保が判定勝ちを手にした。「TUFで決勝で負けてしまって色んなことがあって。支えてくれた道場の仲間たち、本当に感謝しています。ホントは1Rで極めたかったけど……UFCに出たかったんですけど、日本でフライ級1番とか2番とか言って戦っているんでRIZINのオファー待っています」と勝者は話した。


PR
PR

関連記事

Arzalet

Road FC43

Movie