この星の格闘技を追いかける

【Shooto】試合結果 斎藤、グランディに完敗。佐藤は挑戦権獲得&超世代闘争は若手=覇彌斗と青井が制す

Shooto Aoi def Maeda【写真】北米MMA的には判断が難しいラウンドが続いたが、修斗ルール&裁定基準では3-0で覇彌斗が、前田越えを果たした(C)MMAPLANET

29日(日)、東京都文京区の後楽園ホールでプロフェッショナル修斗公式戦が行われた。

メインでは修斗世界フェザー級王者の斎藤裕が、マイク・グランディに度々テイクダウンを許して判定負け。バンタム級次期挑戦者決定戦では佐藤将光が祖根寿麻にTKO勝ちを挙げた一方、猿田洋祐と猿丸ジュンジのストロー級挑戦者決定戦はドローに終わっている。

また、超世代抗争=児山佳宏×青井人、前田吉朗×覇彌斗は、共に青井と覇彌斗の若手側が制している。

今大会の全試合結果は以下の通りだ。


プロフェッショナル修斗公式戦
<フェザー級/5分3R>
○マイク・グランディ(英国)3R
判定
詳細はコチラ
×斎藤裕(日本)
<フライ級/5分3R>
○覇彌斗(日本)3R
判定
詳細はコチラ
×前田吉朗(日本)
<ジュニア修斗48キロ契約/4分1R>
○鶴屋怜(日本)1R
判定
×吉井龍城(日本)
<修斗世界ストロー級次期挑戦者決定戦/5分3R>
△猿田洋祐(日本)3R
判定
詳細はコチラ
△猿丸ジュンジ(日本)
<修斗環太平洋バンタム級次期挑戦者決定戦/5分3R>
○佐藤将光(日本)2R0分01秒
TKO
詳細はコチラ
×祖根寿麻(日本)
<フェザー級/5分3R>
○青井人(日本)1R2分07秒
KO
詳細はコチラ
×児山佳宏(日本)
<ライト級/5分3R>
○山本勇気(日本)3R
判定
×ホン・ソンビン(韓国)
PR
PR

関連記事

Tokyo Int JJC

Movie