この星の格闘技を追いかける

【Shooto】接戦、難しい裁定。ジャッジは3者が覇彌斗を支持、前田吉朗を下す

<フライ級/5分3R>
覇彌斗(日本)
Def.3-0:30-28.30-29.29-28
前田吉朗(日本)

右ストレートをかわして組んだ前田が覇彌斗をケージに詰める。一旦崩されそうになり再び組んでいった前田の頭を覇彌斗が抱える。内側にテイクダウンを狙った前田は、首を取られたまま背中をマットにつかせる。

前田が足を抜きにかかるとギロチンがタイトになる場面もあったが、そのまま時間が経過し残り1分でブレイクが掛かる。ボディにパンチを入れ、右ミドルを決めた覇彌斗。前田も左ミドルを蹴っていったが、覇彌斗が組んでバックに回ったところで初回が終わった。

2R、前田が左ボディフックから右フック。組んだ覇彌斗がバックを取り、ケージに前田を押し込む。テイクダウンを狙った覇彌斗だったが、前田はそのままの勢いを使ってトップを奪取。逆に覇彌斗の動きに反応して、バックに回り両足をフックする。

四の字フックで自らの背中をマットにつけ、パンチを入れる前田がRNCへ。覇彌斗もしのぐが、時間は2分残っている。手首を取って殴り、胸を合わせていった覇彌斗がトップを取り返す。覇彌斗は前田の腕十字狙いを防ぎ、亀になったところでパンチを入れラウンド終了を迎えた。

最終回、覇彌斗のテイクダウン狙いをスプロールした前田が同時に右フックを当てる。執拗に組み付く覇彌斗はスクランブルから前田のキムラロックを潰してトップを奪取。前田の立ち際にシングル、続いてキムラロックから回転して腕十字へ。

前田が腕を抜くも、覇彌斗はオモプラッタ。体を跨いで防いだ前田がガードの中からパンチを落とす。覇彌斗のスイープ狙いに合わせて、前田は足を一本抜く。そのままヒザ十字を狙った前田のバックを伺った覇彌斗が、足を残したまま後方回転し足を畳む。

体を起こしてアンクルを仕掛ける前田に対し、覇彌斗は後方から脇腹にパンチを入れて、背中に張り付きボディロック。前田は後ろにエルボーを入れつつタイムアップの合図を聞いた。

ポジションを取り切ることなく、極めもキャッチに至らない難しいラウンドが続いた一進一退の攻防は覇彌斗に軍配が上がった。「応援ありがとうございます。自分には修斗にライバルがいると思っています。田丸選手、僕はライバルだと思っているので試合をさせてください」と涙をこらえて勝者は話した。


PR
PR

関連記事

Movie

JBJJF