この星の格闘技を追いかける

【Shooto】猿田×猿丸、猿対決は1‐0で決着つかず……

<修斗世界ストロー級次期挑戦者決定戦/5分3R>
猿田洋祐(日本)
Draw.1-0:30-28.29-29.29-29
猿丸ジュンジ(日本)

低い構えの猿丸がロングのオーバーハンドを放つ。猿田はシングルのフェイクから右フックと組みと打の融合を見せる。と、猿丸もニータップに続き、右ロングから組みを狙うなど、両者ともパンチとテイクダウンを織り交ぜて戦う。猿田のテイクダウン狙いを切った猿丸が右を当て、低く飛び込みつつ左フックもヒット。続く攻防ではパンチに猿田がテイクダウンを合わせていく。

ここも倒れなかった猿丸は猿田のスイッチにも左を当てる。蹴り足を掴まれた猿田は、尻もちから起き上がって逆にダブルレッグへ。猿丸はスプロール。しかし、直後の猿丸の左に猿田がついにダブルレッグでテイクダウン。一度は立ち上がるも、直後に猿田が倒しなおす。猿田はトップで初回を戦い終えた。

2R、猿丸のニータップを切った猿田が左を打ち込み、右を続ける。前に出る猿丸は猿田のシングルにヒザを合わせていく。組みのフェイントを交えて戦う猿田の右をヒット。猿丸はヒザを見せて組みへの予防線を張る。と、猿丸は左を見せてダブルレッグでテイクダウンに成功。猿田がケージを背にして立ち上がったところにヒザ蹴りを狙う。

パンチから組みの猿丸。猿田は組みからパンチを入れ、ダブルレッグで尻もちをつかせる。立たれることを想定してパンチを入れた猿田は、猿丸が立ち上がってきても冷静にヒザの飛び込みをかわし逆にパンチを決めた。

最終回、シングルレッグに反応した猿丸にショートの右を当てる猿田。続いて組みでなく、やや遠いレンジから右をヒットする。猿丸もテイクダウンを狙うが、これは猿田がスプロールし、続く左を右にまわってかわす。左を当て合った両者。猿丸はスピニングバックフィストにダブルレッグを合わされるも、ここも倒れず足を引き抜く。

テイクダウンを仕掛けることで、打撃につなげる両者。猿田の左ヒットが2つ、猿丸の顔面を捉える。残り1分、猿田は右ボディフック。猿丸の左右のパンチは足が出ておらず届かない。と、猿丸の前蹴りが猿田の急所に入り、試合が中断。残り35秒で再開となり、猿丸はシングルレッグを切られヒザを狙う。猿田は最後の最後にダブルレッグで尻もちをつかせ、ケージに猿丸を押し込みタイムアップに。

MMA知能指数の高い好勝負は猿田に一票が入ったが、ドローで決着はつかなかった。


PR
PR

関連記事

MW

Movie

Grachan

ONE DAY