この星の格闘技を追いかける

【Shooto】世界王者、グランディのテイクダウンに屈する。斎藤裕、試練の時……

<フェザー級/5分3R>
マイク・グランディ(英国)
Def.3-0:30-26.30-27.29-28
斎藤裕(日本)

左右にステップを踏みつつ左前蹴りを見せた斎藤。グランディは大きくジャンプしてヒザ蹴りからダブルレッグでテイクダウンを奪う。右手を引き寄せられて立ち上がることができない斎藤はケージを背にするが、右腕で差されて腰をコントロールされ背中を再びつける。それでもケージを利用した立ち上がった斎藤はボディにヒザを勢いよく突き上げる。

懸命にケージに斎藤を押し込むグランディは、ヒザを被弾しながらも再びテイクダウンに成功する。下になり、何か攻撃を受けるということはなかったが、立ち上がることができず斎藤は初回を落とした。

2R、斎藤は左の前蹴り、続いて右ローを入れる。グランディのダブルレッグにヒザを入れるが、またしても尻もちをつかされた斎藤はエルボーを頭部に落として立ち上がる。ウィザードでバックを許さず、ヒザ蹴りを入れた斎藤は続くテイクダウン狙いもワキを救って投げを打つ。

それでも執拗に組んできたグランディがテイクダウン。グランディはエルボーを振り落としバランスを崩すと、斎藤が起き上がってトップを取り返す。ここでスクランブルからバックを許した斎藤は、ボディロックから痛恨のでテイクダウンを許してしまう。足を抜きにかかるグランディが、首を抱えてパスを狙う。頭を抜いた斎藤だが、またも下になったままラウンド終了を迎えた。

最終回。勝利にはフィニッシュ、ドローでもビッグラウンドとする必要がある斎藤は左ミドルを蹴っていく。即、組みに行ったグランディはヒザ蹴りをボディに被弾しても、右腕を差しあげてテイクダウンへ。トップコントロールに徹するグランディに対し、斎藤はマウントを許してしまう。残り90秒、斎藤はエビにすら持ち込むことができない。

残り時間が少なり、胸を合わせたマウントのグランディは上体を起こして左のパンチ。残り10秒でケージウォークも斎藤は厳しい態勢のままタイムアップを迎えた。結果、グランディのテイクダウンに屈した斎藤は0-3 で完敗。世界フェザー級王者は試練の時を迎えた。


PR
PR

関連記事

Arzalet

Road FC43

Movie