この星の格闘技を追いかける

【ONE51】横田一則、最終章へ──×ヌグエン戦。ミドル級世界戦のチャレンジャーがエヌサンに変更

n-sang-yokota【写真】急遽挑戦が決まったエヌサンと、ONE2戦目で初勝利を目指す横田 (C)ONE & MMAPLANET

3日(火・現地時間)、ONE Championshipより2017年度第一弾イベント=ONE51 「Quest for Power」のメインイベントで、ONE世界ミドル級王者ヴィタリー・ビグダッシュにオング・ラ・エヌサンが挑戦することが発表された。


昨年12月14日に王者ビグダッシュが、1年3カ月振りの戦線復帰で、ポーランドのマルチン・プラチニオの挑戦を受けることが明らかとなっていたが、プラチニオの負傷欠場でエヌサンに代役チャレンジャーとして白羽の矢がたてられた。

キャリア19勝9敗1NCのエヌサンはミャンマーの山岳部カチン州ミッチーナー生まれ、米国で育ったファイターだ。一時は養蜂家だったこともあるなど、興味深い生い立ちの持ち主は2014年1月のONE初出場以来、これまで4連勝中でミャンマー大会ではナショナル・ヒーローとして絶大な支持を得ている。

ボルチモアのCrazy88というジム所属で、柔術ベースながら北米MMA流スクランブル+打撃というファイトスタイルの持ち主エヌサンが、強打と極めのチャンピオン=ビグダッシュを相手にどのような戦いを見せることができるか。

また、今大会では既報の通り日本から横田一則が出場。5月のタイ大会でマラット・ガフロフの持つONE世界フェザー級王座に挑戦しキャリア初の一本負けを喫して以来、7カ月振りのONE参戦となる。この間、DEEPフェザー級王座を返上した横田は現役生最終章として、海外での成功に目標を定めた模様だ。

そんな横田の対戦相手は豪州のマーチン・ヌグエン。横田同様にガフロフにRNCで敗れた試合が唯一の敗北で、戦績は7勝1敗。ONEではクリスチャン・リーやウェン・リーカイ、エドゥアルド・ケリーなど経験値の決して高くないファイターとの対戦でしっかりと一本勝ちやTKO勝ちを収め、4勝1敗と結果を残している。

ヌグエンのパワフルな打撃を見切る確かな目と反応が欠かせない──最後の花道としてONEを選択した横田にとって、大切な勝負となる。

PR
PR

関連記事

Tokyo Int JJC

Movie