この星の格闘技を追いかける

【Pancrase283】左ロー効かせ、高谷の反撃を組みで封じ込んだISAOが3-0で判定勝ち

<フェザー級/5分3R>
ISAO(日本)
Def.3-0:30-27.30-27.29-28
高谷裕之(日本)

まず右ミドルハイを放った高谷。続く前進をサークリングでかわしたISAOはシングルレッグを狙う。足を抜いた高谷の右フックに組みに行ったISAOは、逆にケージに押し込まれる。高谷は自ら離れると、ISAOが左ロー。ISAOはニータップで高谷に尻餅をつかせたが、試合は即スタンドに戻る。ローの蹴り合い、ISAOは左ボティストレート。今度は高谷が組みに行ったが、体を入れ替えたISAOがダブルレッグを試みる。首相撲で体を入れ替えた高谷。残り30秒で離れると、ISAOが内股のような形で投げを打ち、ジャッジ3者がISAOを支持した。

2R、左インサイドローを続けるISAO。高谷の体がよれるようになる。組み合いから離れると、ISAOは左ハイ。高谷のハイをキャッチしていく。と、シングルでケージに高谷を押し込んだISAOは、離れて左ローを入れる。左、右、左とパンチを打ち込み、左ロー、さらにニータップと攻勢のISAOは手数も多くなってきた。高谷もショート、組んでヒザを繰り出すが切れがあまり感じられない。この回もISAOが三票を集めた。

最終回、アッパーで前に出る高谷をISAOが右ジャブ、左ローで遮断する。と、高谷の左でフラッシュダウンを喫したISAOが組んで高谷をケージに押し込む。回って離れた高谷はヒザ蹴り、ISAOもワンツーを返す。殴られても前に出る高谷が組んで両差しもテイクダウンは奪えない。離れた高谷は左ストレートを被弾しながら、右を返す。ISAOは左ローと左から右のワンツー、シングルレッグでドライブ。個々も回り込んで距離を取り直した高谷が前に出る。

左ローを蹴って右へ回るISAOは、ニータップからボディロックでケージに高谷を押し込む。時間が進み、残り20秒でダブルレッグを決めたISAOが3-0の判定勝ちを決めた。


PR
PR

関連記事

Movie

JBJJF ALL JAPAN