この星の格闘技を追いかける

【UFC FOX22】殴って、倒して、抑えて殴る。廣田瑞人、ついにオクタゴン初勝利!!

<フェザー級/5分3R>
廣田瑞人(日本)
Def.3-0:30-26.30-27.30-27
コール・ミラー(米国)

長身のミラーが左ジャブを伸ばし、ローから左ミドルを見せる。左を振るって前に出て廣田はボディロックからテイクダウン。トップコントロールにはこだわらず、離れてパンチを狙う。ミラーのジャブをヘッドムーブでかわしていた廣田だが、右を受けて腰が落ちる。スクランブルでダースを狙ったミラーに対し、頭を抜いた廣田がトップを取って左のパンチを落とす。

蹴り上げでスタンドに戻った廣田が、ミドルでバランスを崩したミラーが立ち上がってくると右ロー。ボディから顔面を狙って右を伸ばす廣田は、ヒザに右のパンチを当ててロー。ミラーも右を伸ばすも、廣田は懐に入ってボディロックからテイクダウン。蹴り上げを受け流してパウンドを落とす。自らスタンドに戻った廣田は再び左に組みついてボディロック&小外掛けでテイクダウン、しっかりトップを奪う。右エルボーを落とし、首を抱えてコントロールした廣田は左のパンチを落とし、初回を取った。

2R、左右のロー、左フックから前に出た廣田は、ミラーの左ハイをスウェイで避けて左を入れテイクダウン。アキレス腱からバランスを崩しにかかるミラーのわき腹に鉄槌を落とす。上体を起こしてボディをロックからトップを取り返したミラーに対し、廣田はオーバーフック&左のパンチを連打。背中を譲らないように立ち上がろうとした廣田は、強引に足をフックに掛かったミラーを腰に乗せて倒しトップに。

ミラーの背中をマットにつけさせた廣田は自陣コーナー前で左右のエルボー、続いて左右のパンチを落とし、ミラーの巻き込み前転をすかし右のパウンドを打ち込む。ミラーは右手首を両手で掴むが、これを外した廣田は勢いのあるパンチを入れ、最後もハイガードをモロともせずに左右のパウンドを連打した。

最終回、ミラーの左に組んだ廣田はケージにミラーを押し込むが、すぐに離れる。ボディから顔面と快調に攻める廣田が左を入れる。ミラーのヒザ蹴りにも組んでテイクダウンを決めた廣田が、完全に試合をリードする。ハーフから右を落とす。頭を引き寄せるミラーは立ち上がることができず、廣田は細かいパンチを続ける。残り90秒、上体を起こした廣田が左右のパウンド、左のパンチを連打する。

反撃を諦めたかのようなミラーを攻め続けた廣田は、足関節を潰してパウンドで勝利を確信しタイムアップを迎えた。結果、裁定3-0──オクタゴン4戦目、2度目の契約でついに廣田がUFC初勝利を挙げた。


PR
PR

関連記事

Road FC45

HEAT41

Movie