この星の格闘技を追いかける

【Deep Cage】初回圧倒もスタミナロスで、フラフラの長谷川が佐藤からスプリット判定勝ち

<ウェルター級GP一回戦/5分3R>
長谷川賢(日本)
Def.2-1
佐藤洋一郎(日本)

軽いジャブの応酬から組んだ長谷川が、小外掛けでテイクダウンしサイドから抑え込む。右のパンチを入れ、バックを伺いがいつつパンチを入れつつコントロールを続ける。佐藤が足を戻してきても、長谷川はハーフからワキを差してパスに成功し右ヒジを入れていく。佐藤はスクランブルに持ち込もうとするも、パンチを顔面に入れられガードに戻す。それでも一度はシングルに出て起き上がろうとしたが、長谷がボディロックで倒して立ち上がらせない。思い切りパンチを打ち込む長谷川に対し、佐藤は首を抱えにいってラウンドをしのいだ。

2R、左を見せてアイスピックのような形でテイクダウンを早々に決めた長谷川。後方からパンチを入れ、佐藤がガードを取ろうとすると一気に肩固めに。これは極め切れなかったが、首を取ってコントロールを続けた長谷川はに対し、佐藤はアームロックへ。すぐに防いだ長谷川は、起き上がる。佐藤もスタンドに戻ると、組みに来た長谷川から逆にテイクダウンを奪うことに成功する。

立ち上がろうとする長谷川にパンチを入れて、背中に回った佐藤が両足をフックしパンチ、そしてRNCへ。長谷川は一転、大ピンチとなりタイムに救われた。

最終回、ミドルを蹴る佐藤にパンチから組んだ長谷川がテイクダウンしバックを取ってグラウンドに持ちこむ。佐藤は立ち上がって、ここも大内のような形でテイクダウン。スタミナが切れたか、動きの悪い長谷川が立ち上がり際にギロチンを合わされる。なんとか頭を抜き、トップを取り返した長谷川がパスをしてサイドで抑え込む。佐藤は背中を預けて立ち上がると、長谷川は後方に崩してボディロックから立ち上がる。

腕十字を察知された佐藤は、即立ち上がるも長谷川はボディロックから崩してバックへ。前方に落としつつ、逆にバックに回った佐藤。胸を合わせて離れると、佐藤の右がヒット、長谷川は組みに行くが倒せない。佐藤も動きが止まり、反撃がままならないなか長谷川の組み→ブレイクが2度繰り返され、最後のダブルも潰されたところでタイムアップに。

結果、スプリットで長谷川が辛くもウェルター級初陣で勝利した。マイクを握った勝者は「すいません、もうちょっと強いところを見せないといけない。次、3月にトーナメントの2回戦があるので……」――その声が聞き取れないほど、疲労困憊な長谷川だった。


PR
PR

関連記事

大会予定(現地時間)

Movie