この星の格闘技を追いかける

【Deep Cage】ウェルター級=佐藤洋一郎戦に臨む長谷川賢<02>「GPは優勝しかありえない」

ken-hasegawa【写真】マッケンジー・ダーンとの対談の時ぐらい、MMAに関して楽しそうに語っていた長谷川だったが、撮影の時はビシッと決めた(C)MMAPLANET

18日(火)、東京都文京区の後楽園ホールで開催されるDEEP CAGE IMPACT 2016 in Korakuen hallで初のウェルター級マッチ=GP初戦で佐藤洋一郎と戦う長谷川賢インタビュー後編。

昨年大晦日のブレナン・ワード戦の敗北、そして負傷欠場により自らを見直し、ボクシングやフィジカルをイチから鍛え──そして磨き直している最中の長谷川は、目標はUFCしかないことを断言する。

その高い頂に挑むために、今回のトーナメントで成すべきことと見せるべき点は何なのかを長谷川が語った。

<長谷川賢インタビューPart.01はコチラから>


──相手の動きが見えて、自分の動きが把握できるということですね。

「ハイ。カウンターも取れるようになりましたし。キツイことをやっていても、余力を残せるようになったというか……体は動かしているけど、筋力は無理から使わないようにして。そういう部分を意識しているので、スパーリングでも以前だと厳しくなっていた場面で、まだいけるって感じます。厳しくしつこくいけるようになりました」

──打撃面ですと、同じウェルター級でパンクラス王座を目指す三浦広光選手と打撃スパーをするとどのような感じになるのですか(※取材翌日にウェルター級KOP戴冠)。

「半端ない圧力ですね。あのパンチの威力を連続で打てるというのは、他になかなか経験できないです。真正面に立っていられないですし、パンチの打ち合いはしたくない。ただし、パンチの打ち合いをしないで済むのもMMAです。だから、三浦さんもそうだし、色々と強い練習相手がいてくれて本当にMMAが楽しいです。

ボクシングを習って、キックのミットを持ってもらう。フィジカルもやって磯野(元)さんにも注意してもらえる。別々にやっていることを全て合わせてMMAスパーをやると楽しくて。全てがつながってきたような気がします。

練習、練習。練習のために生活しているみたいで。結局はそれが試合のためなんですけどね。でも、それが負担でなく楽しんでできています」

──ウェルター級GPは現時点で出場選手の発表は6名です。そして9日の大阪大会では悠太選手×住村(竜市朗)選手の間で、初戦が始まります。現時点の発表メンバーのなかで、気になる選手は誰ですか。

「色んな意味で悠太さんかと思います。会えば話す間柄ですし、練習をしたこともあって強いと思っていましたし。でも、同じトーナメントに出ることになっちゃったなって。最後まで残るのは悠太さんだと思っています」

──ではDEEPウェルター級GPで成し遂げないといけないことは、何になりますか。

「1試合、1試合きちっと勝つことです。舐めて戦えるもんじゃない。結果的に派手な勝利を挙げることができるかもしれないですけど、そこを目指しているわけじゃないです。自分の強いところ、まだ課題が残っているところを把握して戦います。

危ないところでは戦わない。これができるのが、やっぱりMMAだと思います。全局面で支配したい気持ちもありますが、そんなに甘くない。なのでキッチリと勝つこと。それが15分間、漬けたことになっても1分でKO勝ちしても、勝利より優先するモノはない。一つずつ勝ちにこだわっていきます。

DEEPのタイトルは僕にとってステップボードです。現にDEEPウェルター級王者だった中村K太郎選手がUFCと契約したわけですし。今はUFCしか考えてないので。ベラトールとかっていう選択肢も僕にはない。ブレナン・ワードにはリベンジしたいという気持ちはありますけど……。ワードには足関節とかでなく、擦り切れるような試合をして勝ちたいですね。

全部ぶつけてへし折られたんで、眼窩底骨折をして戦績も傷をつけられました。それ以上にプライドを傷つけられたのが、一番腹立っています。未だにあの負けは悔しい。僕に広い世界を見せてくれて感謝もしているし、悔しさも持ち続けています。

だからこそ、ウェルター級GPは優勝しかありえないです。佐藤選手との試合から、キッチリと勝たせてもらいます。8月の試合は変わったところの一部でしかないので、もっと変わったところを見せて勝ちます。見ている人が、コイツは強かったんだって思ってもらえる試合をします。そして日本のウェルター級選手、全員に勝ちます」

■ 10月9日Deep Cage Impact in Osaka対戦カード
※長谷川賢選手が出場する後楽園ホール大会は18日(火)開催となります

<フライ級/5分3R>
柴田MONKEY有哉(日本)
井上直樹(日本)

<ウェルター級GP一回戦/5分3R>
悠太(日本)
住村竜市朗(日本)

<ライト級/5分3R>
濱村健(日本)
岡田充広(日本)

<バンタム級/5分2R>
白川陸斗(日本)
覇彌斗(日本)

<フェザー級/5分2R>
岩本達彦(日本)
藤崎航汰(日本)

<フライ級/5分2R>
加マーク納(日本)
平田丈二(日本)

<フェザー級/5分2R>
室川和登(日本)
森宏之(日本)

<ウェルター級/5分2R>
黒田好治(日本)
渡部拓馬(日本)

<ストロー級/5分2R>
川原波輝(日本)
MAGISA(日本)

<フライ級/5分2R>
永井美自戒(日本)
横溝和也(日本)

<ストロー級/5分2R>
いちょう”Snufkin”ともなが(日本)
ふじい☆ペリー(日本)

<フェザー級/5分2R>
鈴木敦順(日本)
名田英平(日本)

<フェザー級/5分2R>
上山雄大(日本)
Dark真(日本)

PR
PR

関連記事

Arzalet

Road FC43

Movie