この星の格闘技を追いかける

【WJJ Expo】先鋭柔術×MMA組技、ロ&ミヤオ×シールズ&フィッチ

Lo vs Shields

【写真】打撃を考慮した柔術と、ポイントに特化柔術のスペシャリストがノーギで戦う。タイトさがまるで違ってくるノーギとMMAの抑え込み。ジェイク・シールズがよほどアジャストしてこないと、レアンドロ・ロにパスを許す可能性は高いと見た(C)MMAPLANET&GONGKAKUTOGI

ブラジリアン競技柔術とアメリカンMMA柔術の最高峰が、ノーギ・グラップリングの舞台で激突する。9~10日(土~日・現地時間)、カリフォルニア州ロングビーチにあるロングビーチ・コンヴェンションセンターで開催されるワールド柔術エキスポ(=世界柔術博覧会)。2日間に渡り行われるこの大会、初日以上に興味深いスーパーファイトが大会2日目には用意されている。それが、ジェイク・シールズ×レアンドロ・ロ、そしてジョン・フィッチ×パウロ・ミヤオのMMAグラップラー×ラディカル競技柔術家のノーギ・マッチだ。

ロは強烈なパスガードを武器に、現在ギあり柔術ではライト級世界最強の座に君臨する選手。ノーギの試合でも攻略困難な回転系のガードを駆使し、先日のコパ・ポジオにおいてもクラウジオ・カラザンスに完勝している。先日のノーギ・ワールズにおいては復活したジルベルト・ドゥリーニョ・バーンズにアドヴァン差で惜敗したが、そのガードを崩されることはなかった。

対するシールズは、シーザー・グレイシーを師と仰ぐMMA界最高のグラップラーの1人。10月9日のUFN29ではデミアン・マイアと対決し、スクランブル力とトップキープ力を活かして競り勝ってみせた。打撃のないグラップリングでも、2005年のADCC本戦においてレオ・サントスから一本勝ちを奪い3位入賞しているほどの実力者だ。ブラジリアン競技柔術の最高峰に立つロと、アメリカンMMA柔術の最高峰に立つシールズが、ノーギ・グラップリングといういわば中立に近い舞台で激突するこの一戦。柔術ファン、MMAファンともに要注目のカードだろう。

Fitch vs Miyao一方、パウロ・ミヤオとフィッチの一戦もシールズ×ロに負けない最注目カードだ。フィッチはカレッジレスリングをベースに持ち、上をキープして相手を削る「グラインディング(粉砕)」の名手であり、ブラジリアン柔術でもゲリラ柔術主宰のデイビッド・カマリロから黒帯を授かっている。6月にWSOFでジョシュ・バークマンのギロチンで絞め落とされ、絞め技に技に対する高い耐久力を誇るという評価はやや下落気味だが、あの一戦は打撃を効かされKO直前だったことが大いに影響している。MMAでのグラップリングを見る限り、フィッチがグラップリングのみの試合だろうが、サブミットされるシーンは想像しがたい。

【写真】パウロ・ミヤオがノーギで、フィジカルに勝るジョン・フィッチにベリンボロを完成させることができるか。フィッチが雑になれば、そんなシーンが見られる可能性も十分にある(C)MMAPLANET&GONGKAKUTOGI

対してミヤオ兄弟の兄、パウロ・ミヤオはそのベリンボロにおける数々のヴァリエーションを生み出し、旋風を巻き起こしている選手。先日行われたコパ・ポジオにおいても、階級上の選手たちにベリンボロを中心とする様々な下からの仕掛けで攻撃し、一度もパスを許さず見事3位に輝いた。フィッチは、ミヤオの変幻自在のガードをもグラインドすることができるのか。あるいはミヤオは自分より3回りほど大きいフィッチの圧力に対し、あの剛術的な試合展開――しかもノーギで如何に対抗するのか。興味の尽きないマッチアップだ。

加えてこの日はルーカス・レイチ×キーナン・コーネリアス、ブルーノ・マルファシーニ×ジェフ・グローバーという豪華なカードも組まれている。同大会はトーナメント戦でなく、ワンマッチだからこそ、瞬発力系のファイターの戦い振りは普段とは違ってくることも予想される。まさに夢の柔術博覧会といえるだろう。

■柔術Expoスーパーファイト

【Day01】

<ノーギ/10分1R>
カイオ・テハ(ブラジル)
ナム・ファン (米国)

<ノーギ・サブミッションオンリー/20分1R>
エフレイン・エスクデロ(米国)
フィリップ・ノヴァー(米国)

<ノーギ/10分1R>
ラファエル・ロバトJr (米国)
TBA 

<道着/10分1R>
サミュエル・ブラガ(ブラジル)
ジョアオ・ミヤオ(ブラジル)

【Day02】

<ノーギ/10分1R>
ジェイク・シールズ(米国)
レアンドロ・ロ(ブラジル)

<ノーギ・サブミッションオンリー/20分1R>
パウロ・ミヤオ(ブラジル)
ジョン・フィッチ(米国)

<ノーギ/10分1R>
キーナン・コーネリアス(米国)
ルーカス・レイチ(ブラジル)

<ノーギ/10分1R>
ブルーノ・マルファシーニ(ブラジル)
ジェフ・グローバー(米国)

PR
PR

関連記事

Arzalet

Road FC43

Movie