この星の格闘技を追いかける

【UFC198】ダウン2度奪ったショーグンが、TD勝負のアンダーソンからスプリット判定モノに

<ライトヘビー級/5分3R>
マウリシオ・”ショーグン”・フア(ブラジル/8位)
Def.2-1:29-28.29-28.28-29
コーリー・アンダーソン(米国/12位)

まずは右ローを見せたショーグン。右だけでなく左ローを蹴っていくショーグンに対し、アンダーソンは右オーバーハンドを放つ。右アッパーを当てたショーグンは右ハイを狙うが、バランスを崩す。右から左フックを入れ、右アッパーと軽快な動きをショーグンが続ける。対して手数が少ないアンダーソンだが、バランスを崩したショーグンのバックに回り、立ち上がり際にケージに詰める。離れ際に右を打ったアンダーソンは左フック2発で前に出る。

左ミドルから右ハイと積極的に手を出し始めたアンダーソンは左フックをショーグンの下がり際に入れる。さらに右ストレートをヒットし、左につなげるとショーグンのパンチの振りが大きくなる。しかし、ショーグンは左フックからフォローの右フックでダウンを奪い鉄槌の連打へ。ここラウンド終了となり、アンダーソンは時間に救われた。

2R、アンダーソンにどれだけダメージが残っているか。左右のフックを打ちながら前に出たアンダーソンは、蹴りを交えて前に出る。と、ダブルレッグでテイクダウンを奪ったアンダーソンがハーフからパンチを落とす。足を戻したショーグンはパウンドを被弾しながらスクランブルに持ち込んで立ち上がる。右を見せてシングルに出たアンダーソン。

ケージを背にしたショーグンにアンダーソンは右エルボーを2発。続くダブルレッグをショーグンが切り、オーバーハンドへ。これは届かず、アンダーソンは左ジャブ、続いてダブルレッグでテイクダウンを決めポイントをまとめていく。しかし、残り10秒で蹴り足をキャッチされ右ストレートでダウンを喫したアンダーソン。このラウンドのポイントも分からなくなった。

最終回、アンダーソンの左に右を合わせようとしたショーグンは、ダブルレッグでまたも倒される。クローズドガードと頭を抱えに来るショーグンに対し、アンダーソンがエルボーを落とす。足を抜きつつ細かいパンチを見舞っていくアンダーソンがバックを伺うが、ショーグンが立ち上がる。そのまま離れたショーグンがケージ中央付近でアンダーソンと向き合う。直後にダブルレッグでドライブしたアンダーソンは徹底してテイクダウン狙いを続ける。ケージを背にして耐えるショーグン、一旦離れたアンダーソンは飛びヒザを見せてダブルレッグも直後にタイムアップとなり倒せず。

2Rのアンダーソンのテイクダウン、終盤のショーグンのノックダウン奪取、どちらのラウンドとなっているか。結果、ショーグンがスプリット判定勝利をモノにした。

PR
PR

関連記事

Road FC45

HEAT41

Movie