この星の格闘技を追いかける

【WEC40】水垣死闘届かず涙の惜敗 田村はWEC初勝利

【写真】「チャンピオンになるんだろ?」 セコンドから何度も檄が飛んだ水垣は、5Rの長丁場を死力を尽くして戦い抜いた (C) ZUFFA

4月5日(日・現地時間)、米国イリノイ州シカゴのUICパビリオンでは、WEC40『Torres vs Mizugaki』が開催された。

日本人初のWEC王者誕生なるか――、日本の水垣偉弥がWEC世界バンタム級王者ミゲール・トーレスに挑戦する注目のメインイベントを筆頭に、同大会では、ユライア・フェイバーの愛弟子=ジョセフ・ベナビデスと、階級を落としたジェフ・カーランが激突するバンタム級の一番、“UFCのダン・ヘン”ならぬ“WECのベン・ヘン”ベン・ヘンダーソンの登場と見所満載のラインナップとなった。

ブライアン・ボーウルズの負傷により、王者挑戦権が巡ってきた水垣は、地元の英雄トーレスを相手に大ブーイングの中でのWECデビュー。そんなメインイベントは5Rを戦い抜き、両者の拳、ヒジ、ヒザが絶え間なく交錯を続ける、まさに死闘となった。最後は判定で王者トーレスに軍配が上がるも、試合後には「タケヤは素晴らしいチャンレジャーだった。尊敬する」とトレースがコメント。その横で水垣は号泣したが、惜敗ともいえる世界戦に、会場からはスタンディンブオベーションが寄せられたのだった。


また、セミファイナルでは、ベナビデスがユライア譲りのスタミナ&フィジカルでカーランを判定で撃破。第8試合に登場したベン・ヘンは、シェーン・ローラーを相手に序盤こそダウンを喫したが、ローラーのギロチンを切り返しトップを奪い返すと、立ち上がり際にヒザ蹴りから左のストレートを叩き込み、逆転のTKO勝ちを挙げた。

その他にも、米VersusTVの中継枠にこそ入らなかったが、第2試合には、第6代修斗世界ライト級王者・田村彰敏が2度目のWEC参戦。王座挑戦経験のあるマニー・タピアを相手に3-0の判定勝ち。3月の大沢ケンジ(WEC39/対ハファエル・ヘベーロ)に続き、WEC初勝利をマークした。

その他にも、昨年12月に田村を破ったヴァグネイ・ファビアーノが、日本でも馴染みの深い柔術家フレジソン・パイシャオンから判定勝利。同じく、来日経験豊富なハニ・ヤヒーラは、エディ・ワインランドをギロチンチョークで下した。尚、次回のWEC大会は、噂されたPPVイベントではなく、今大会と同様にVersusTVでの中継となる。

PR
PR

関連記事

Movie

JBJJF