この星の格闘技を追いかける

【Polaris03】カミングスの足関による猛攻をタンキーニョが防ぎ切りタイムアップのドローに

<ノーギ/15分1R>
アウグスト・タンキーニョ・メンデス(ブラジル)
Draw.
エディ・カミングス(米国)

昨年のADCCの再戦。引き込みポイントで敗れたカミングスが、すぐに引き込んでヒールフックへ。ヒールに―バ―から左ワキから右ワキにトランジットし、タンキーニョが懸命に足を引き抜く。マット中央で再開になると、カミングスはバタフライフックからワキを差しにいく。嫌がって離れたタンキーニョは、続く同ポジションに対しパスを仕掛けて離れる。両ヒザをついて足関節を避けるタンキーニョだが、こうなるとカミングスはバタフライから浮かしてヒールを仕掛ける。

外掛け&内側の足にフックする形でヒールを仕掛けようとしたカミングス、瞬時に察知して離れたタンキーニョは徹底して足関を防いで戦う。カミングスはアームドラック、ボディアタックを屈指しつつ、最後は足関節とタンキーニョは気が抜けない状況が続く。都通ヒールに左回り続け、思い切り蹴り上げを見せてタンキーニョが離れる。蹴りの勢いが強すぎてカミングスがマウスピースを吐き出し、1分間のインターバルが与えられる。

再開後、カミングスはシントトゥシンから外掛けヒールへ。組み換えを狙ったところでタンキーニョが体を捻ってエスケープ。タンキーニョのパス狙いを防いだカミングスは、腰を突き上げて左足を腹の前に持ってきてヒールへ。タンキーニョが回転したところでヒザ十字へ移行するが、ここは足を引き抜かれる。

ヒザをついてくる相手の崩し方もシステム化しているカミングスのレッグロックは続く。残り4分半でついにタンキーニョがパスも、カミングスはすぐに足を戻す。シングルのバタフライフックと外掛けを掛け合わせてヒザ十字。尻を蹴って立ち上がったタンキーニョが左腕を差してパスのプレッシャーを強める。離れても頭をコントロールしてパスを仕掛けるタンキーニョ、カミングスのヒール狙いは素早く対処していく。

残り2分、カミングスは50/50から外掛けに組み替えて足関節を狙うと、一旦離れたタンキーニョはパスを決めてニーインベリーに一瞬入る。そのヒザを狙った足関節を防いだタンキーニョは、最後までカミングスに足関節を極めさせずタイムアップ&ドローとなった。

PR
PR

関連記事

Road FC45

HEAT41

Movie