この星の格闘技を追いかける

【ADCC2019】66キロ級準決勝─01─タンキーニョ✖パウロ・ミヤオ、動き勝ったのは……

66kg SF【写真】ポイントがあると、ここまで下から返されることがないのかという熱戦 (C)SATOSHI NARITA

9月28日(土・現地時間)と29日(日・同)の2日間、米国カリフォルニア州アナハイムにあるアナハイム・コンヴェンション・センターでアブダビコンバットクラブ(ADCC)主催の世界サブミッション・ファイティング選手権が行われた。

2年に1度、ノーギグラップリング世界最高峰となるこの大会のプレビュー9回目は、新・神の階級66キロ級準決勝第1試合の模様をレポートしたい。
Text by Isamu Horiuchi


66kg SF 01<66キロ以下級準決勝/10分1R・延長5分>
アウグスト・メンデス(ブラジル)
Def. by 本戦 0-0 延長 0-0 レフェリー判定
パウロ・ミヤオ(ブラジル)

66kg SF 02試合開始後座ったミヤオは、内回りで崩しにかかる。タンキーニョがうまくバランスを取ると、クローズドガードを取ったミヤオはオモプラッタや腕十字を狙い、さらに下から足を取りにゆくが、タンキーニョは安定したベースで対応。その後、ミヤオが横回転からタンキーニョの股間に潜り込んでバランスを崩すことに成功する場面もあったが、これはまだ加点時間前。やがてタンキーニョが上のポジションを回復した。

66kg SF 03加点時間帯に入ると、ミヤオはヒール狙いへ。タンキーニョもこれに対抗して足関節の取り合いが繰り広げられたが、両者決め手に欠いたまま本戦が終了した。

スタンドから再開される延長戦。レスリングの攻防になると不利と思われるミヤオは、すぐにヒザを付きながらタックルを仕掛ける。当然これを切るタンキーニョに対し、ミヤオは亀のまま何度か前進を試みてから座り込む。これは「亀というポジション」を確立させた後の動きと解釈され、引き込みのマイナスポイントは付かず。ルールを熟知するミヤオは、失点せずにレスリングの攻防を回避して下になることに成功したのだった。

ここからミヤオは回転してのスイープや足関節を狙う。が、タンキーニョは安定したバランスを保っては、低い姿勢で逆にプレッシャーをかけ、時に側転や横に飛んでのパス、ニースライスを仕掛けてゆく。対するミヤオは柔軟さを活かしたインヴァーテッドのポジション等を用いて戻す。世界最高峰の上下の技術のぶつかり合いが両者譲らぬまま繰り広げられていくなかタンキーニョの動きは、衰えるどころか激しさを増していった。

66kg SF 04残り40秒、右に動いてミヤオの片足を超えたタンキーニョは、重心を前にかけ、ワキを差し胸を合わせる体勢を作りかける。しかし、ミヤオはすぐにニーシールドを入れて隙間を作る。その後もタンキーニョが低い姿勢でミヤオの足を抑えながらのパスを仕掛け、ミヤオがそれを防ぎつつ足をとっての反撃を試みるうち、試合は終了した。

レフェリー判定は後半攻勢に立ったタンキーニョに。36歳のベテランは、抜群のベースを軸にタイトなプレッシャーをかけ続けるごくごくオーソドックスなトップゲームをもって、ミヤオの世界最先端の下からの攻撃を封じ、動き勝ったのだった。

PR
PR

関連記事

Shooto

Movie