この星の格闘技を追いかける

【UFC185】ヨアナ・イェンジェチックが新UFC世界女子ストロー級チャンピオンに

<UFC世界女子ストロー級選手権試合/5分3R>
ヨアナ・イェンジェチック(ポーランド/1位)
Def.2R4分17秒by TKO
カーラ・エスパルザ(米国)

間合いをはかる両者、イェンジェチックの初弾に組み付いたエスパルザだが切られる。続くシングルも頭を押して防ぐイェンジェチックだが、起き上がったエスパルザがテイクダウンに成功する。すぐに起き上がったイェンジェチックをケージに押し込んだエスパルザが右を打って離れる。ケージ中央でレスリングマッチに持ち込んだエスパルザは、イェンジェチックの反応の先をいき、テイクダウンを奪う。

倒されたら立つイェンジェチックは、右エルボーを入れ反撃開始。左ジャブを伸ばすイェンジェチック、エスパルザのダブルレッグを切ってヒザを狙うも空振りに。エスパルザは右腕を差して投げを狙うも、これも切られる。右を2発被弾したエスパルザのテイクダウン狙いはまたも失敗。スタンドでイェンジェチックの右や左ジャブが当たるようになる。イェンジェチックの右オーバーフックから左フックを受けたエスパルザはここでも、真正直なダブルレッグを仕掛け防がれる、右ストレート、左フック、右エルボーと猛攻を仕掛けた挑戦者が初回を取った。

2R、素早いワンツーを繰り出すイェンジェチックは、エスパルザのシングルレッグをスプロールしスタンドへ戻る。右を被弾し、左へ動くエスパルザはダブルレッグからシングルも切られ、右エルボー。離れ際に左フックを被弾する。テイクダウンを切られ、エルボー受けるエスパルザが追い込まれる。イェンジェチックがワンツー、左ボディストレート、続いて右ストレートを顔面に。ヒザ蹴り、ヒジを顔面に入れたイェンジェチックが左フックもヒットさせる。

遂に右ストレートで頭が仰け反ったエスパルザは、テイクダウンを切られる展開が続く。起き上がり際にエルボーを入れ、パンチにつなげるイェンジェチック。右ストレートを受けたエスパルザの体が揺れる。右ストレート、右エルボー、左右のラッシュにレフェリーがついに試合をストップ。テイクダウン狙いを切り、打撃を入れ続けたイェンジェチックがバス・ルッテン、アンドレ・オルロフスキーに続き3人目のヨーロッパ人、そして初めてのポーランド人UFC王者に輝いた。

「誰も私のグラップリング力を信じていなかったけど、私はこのベルトは誰にも渡さない」と喜びの言葉を発した。

PR
PR

関連記事

Tokyo Int JJC

Movie