この星の格闘技を追いかける

【UFC185】デランダミーがまるでムエタイのデモンストレーション、パチェコを打撃で圧倒TKO勝ち

<女子バンタム級/5分3R>
ジャーメイン・デランダミー(オランダ/15位)
Def.2R2分02秒by TKO
ラリッサ・パチェコ(ブラジル)

キックのデランダミーと柔術のパチェコの対戦。左インサイドローを入れたデランダミーは、右エルボーを打ち込み肩の当たりを蹴り込む。左ジャブから右ストレート、そして左ストレートとスタンド戦を支配したデランダミーに対して、パチェコは前に出ようとする度にパンチを被弾する。デランダミーは勢いのある右アッパーを入れ、パチェコの攻撃にはしっかりと距離を取る。

クロス気味の右、ワンツーと引き続きパンチを被弾するパチェコのスピニングバックフィスト終わりにデランダミーが、右ストレートを打ち込む。これだけパンチを入れながら、最初の組み狙いでケージに押し込まれたデランダミーだが、体を入れ替え首相撲からヒザを突き上げて離れる。ラウンド終了20秒前、右アッパーを受けたパチェコは「もっと来い」と手招きをすると、そのまま強烈な右をまたも顔面に打ち込まれてしまった。

2R、デランダミーの勢いに負けず前に出て組もうとするパチェコ。これを切ったデランダミーは右ミドルハイ、右アッパーは届かなかったが直後に左ストレートをヒット。続いて左右のフックをガツンという音とともに打ち込む。デランダミーはパチェコの組み際に右アッパーから、さらに勢いをつけた右フックをヒットさせる。パチェコがケージ際に下がると、再び右フックからラッシュを掛けたところでレフェリーがすぐに割って入り試合を止めた。

PR
PR

関連記事

Tokyo Int JJC

Movie