この星の格闘技を追いかける

【RFC10】イ・ウンス、右クロスで大山峻護沈め第2代ミドル級王者に

Lee Eun Soo

【写真】立ち上がろうという意識はあっても、体が反応しなかった大山は、ケージ際で連打を受けキャンバスに沈んだ(C)MMAPLANET

<RFCミドル級選手権試合/5分3R>
イ・ウンス(韓国)
Def.1R2分48秒 by TKO
大山峻護(日本)

サウスポーの大山は、まずは右ローから右ジャブを伸ばし、さらに左右のローを続ける。前に出てくるイ・ウンスが左ジャブを伸ばす。近い距離でローを繰り返す大山に、イ・ウンスは前蹴りから距離を詰める。左から右を見せたイ・ウンス、直後の右ローで大山の動きが一瞬止まる。ローの蹴り合いが続くと、イ・ウンスが右フックを受けバランスを崩した。

すぐに立ち上がったイ・ウンスだが、パンチを放つと頭が下がる。パンチが数度交錯した後、一旦両者が間合いを計る。先に動いたのは大山だった。右ジャブから左を振るうも、ここにイ・ウンスの右クロスがヒット。前方に崩れ落ちた大山は、立ち上がるも背中を見せた状態でパンチを受ける。振り向いたところで、右から左を受けて再びダウン。一度は立ち上がった大山だが、右から左を連続で受け、今度はゆっくりとヒザをつくように前方に崩れていく。

この間、パンチを受け続けた大山を見てレフェリーが試合をストップ。目を見開いたまま気を失い膠着した大山は、2月の王座獲得以来、これで3試合連続KO負けに。イ・ウンスがRFCミドル級王座を獲得した。

PR
PR

関連記事

Arzalet

Road FC43

Movie