この星の格闘技を追いかける

【UFN165】スピード&パワー、スタミナで上回ったオデズミアがラキッチにスプリット判定勝利

<ライトヘビー級/5分3R>
ヴォルカン・オデズミア(スイス)
Def.2-1:29-28.29-28.28-29
アレクサンドル・ラキッチ(オーストリア)

試合開始直後に勢いよくパンチを振るい、飛び込んでヒザを繰り出したラキッチ。オデズミアが組み来るとギロチンを仕掛ける。頭を抜き、クリンチから離れたオデズミアがローに左を合わせる。すぐに右を振って呼応したラキッチは、一旦間合いを取り直しワンツーで前に出る。体を沈めてフェイントを見せるオデズミアに対し、ラキッチが右ストレート。オデズミアが左フックを合わせる。一歩も引かない打撃戦からシングルに出たラキッチが、崩してからバックへ。ケージに押し込まれたオデズミアがエルボーを落とし、ヒザを突き上げる。離れたラキッチはワンツー、オデズミアもパンチで応える。

試合はケージ中央に戻ると、両者のパンチが再び交錯しラキッチが右アッパー&左ストレートを当てる。互いにローを蹴り合い、ラキッチが右ストレート、オデズミアが飛びヒザ、ならばとラキッチが右ストレートを伸ばしたところで初回が終わった。

2R、力強いローを蹴るオデズミア。ラキッチは右ストレートをヒット。ワンツーにも左を合わせるオデズミアだが、さらにラキッチが左を被せていく。スイッチし左ミドルを入れたラキッチはローをキャッチしてテイクダウン、そして組み伏せにいかず後方からパンチを打っていく。

ロシアンMMAのような流れを見せたラキッチは、続くクリンチから離れるとオデズミアの飛び込んでの左をかわす。オデズミアもローをキャッチされても倒れず、試合は精神戦の様相を呈してきた。両手を叩き、目くらましからパンチを見せたオデズミア戦──両者揃って動きが落ちた2R終盤戦となった。

最終回、左スネが大きく腫れあがっているラキッチが、その左で蹴りを繰り出す。そして右アッパーから左フックを放ち、左ローを蹴る。オデズミアがワンツーで前に出ると、ラキッチは組んでケージへ。左フックを放って離れたラキッチだが、かなりスタミナを消耗してきたか。

右の相打ちが2度続き、オデズミアの右フックにラキッチが右アッパーを放つ。ケージを背負っても、ヘッドムーブでパンチをかわすラキッチだが左ボディを被弾する。ここで組んだオデズミアはボディ打ち、押し返したラキッチは右を伸ばす。オデズミアはジャブから左フック、そして右ハイへ。口が開いたラキッチはダブルレッグからケージに押し込むも、エルボーを頭部に被弾する。残り3秒で離れた両者は、そのまま見合ってタイムアップを迎えた。

結果、終盤の疲弊が目立ったラキッチは最終回を落としたか、スプリット判定をオデズミアがモノにした。


PR
PR

関連記事

Shooto

Movie