この星の格闘技を追いかける

【UFN165】初回劣勢のアラテンヘイリが持ち直し、スプリット判定で韓国大会のオープニング飾る

<バンタム級/5分3R>
アラテンヘイリ(中国)
Def.2-1:29-28.29-28.28-29
ライアン・ベノイ(米国)

間合いを測る両者、ベノイが左を当て圧力を高める。アラテンヘイリも右アッパーに組みついたベノイが離れて左ミドルから左フックを入れる。さらに左ストレートに続き左ミドルを蹴り込むと、鼻血を流したアラテンヘイリは腹をかばうような構えになる。そのアラテンヘイリが右を当てても、すぐに左ストレート、左ボディフックを決めたベノイのペースで試合は進む、さらに右フックに右フックを合わせたベノイだったが、ケージを背負うとワンツーを被弾して一瞬動きが止まるが、最後に左を当ててラウンドを取った。

2Rも引き続き左ミドルを幾度となく決め、右フックから左ローを入れる。アラテンヘイリもワンツーを打ち返し、右ローから右ミドルで反撃へ。次の一手はベノイの左フックで流れを譲らない。それでもアラテンヘイリも右ストレートをヒットさせ、右クロスを決める。ここで下がったベノイは右ミドルを蹴られ、間合いを取り直す。アラテンヘイリは右を当てるが、ベノイが左ミドルからワンツーを決める。アラテンヘイリは下がらず、右を入れ下がった追いかけながらラウンド終了を迎えた。

最終回、これまでの打撃戦の流れからアラテンヘイリがダブルレッグでテイクダウンに成功する。ガードを取ったベノイは背中を譲ってスクランブル、ケージ際に移動する。自分から離れてアラテンヘイリはすぐにダブルレッグからワキを潜手バックに回ると、正面を取り直しスラム気味にテイクダウンを奪う。

ベノイはここもすぐに亜立ち上がると、アラテンヘイリは離れてシングルレッグ&軸足を払って3度目のテイクダウンを奪う。疲れが目立つようになった両者だが、スタンドに戻るとベノイが首相撲からヒザ蹴りを決め、左フックを届かされる。ダブルレッグを切られたアラテンヘイリは、はキックをガードしテイクダウンを狙うが切ったベノイがヒザを突き上げる。最後は左フックを振るうベノイが、シングルにきたアラテンヘイリを殴って試合終了を迎えた。

初回はベノイ、最終回はアラテンヘイリ。2Rをどのようにジャッジが判断するか。結果、アラテンヘイリがスプリット判定をモノにした。


PR
PR

関連記事

Shooto

Movie