この星の格闘技を追いかける

【UFN165】これはプレリミじゃない。高レベルのバンタム級戦はバルセロスがヌルマゴメドフに勝利

<バンタム級/5分3R>
ハオーニ・バルセロス(ブラジル)
Def.3-0:30-27.29-28.29-28
サイード・ヌルマゴメドフ(ロシア)

オーバーハンドを連続で見せて前に出るバルセロス。ヌルマゴメドフも姿勢を乱しながらバックハンド気味のパンチを繰り出す。鋭いローを走らせるバルセロスに対し、ヌルマゴメドフは後回し蹴りへ。互いにローキックが急所近くに入りながら、スピーディーな打撃戦が続き、バルセロスの右が当たる。回転系の動きを多用するヌルマゴメドフとのタイミングをはかるバルセロスはスピニングバックフィストの直後に右フックを振るっていく。攻防一体となったスタンディングバトルは互角のまま初回が終わった。

2R、バルセロスが右アウトサイドロー、ヌルマゴメドフが左インサイドローを蹴る。バルセロスの右ミドルにスピニングバックフィストを合わせたヌルマゴメドフは、回転系のパンチを続けても軸が乱れない。前足の蹴りを入れるヌルマゴメドフの精度が上回ってくるなか、ジャブもヒットさせるようになる。ローを入れるバルセロスは、組み合いになるとワキを差し上げて内股のような動きから、バックに回る。鋭いパンチを組みの中で見せ、ヒザ蹴りをされないように片手をマットについたヌルマゴメドフのバックに飛び乗ったバルセロスが、両足をフックする。スタンドのままでバックグラブとなったバルセロスが、後方からのパンチもあり、この回を取ったか。

最終回、右フックを振るって前に出るバルセロスに対し、ヌルマゴメドフがスピニングバックフィスト。ここに組んでいったバルセロスだが、突き放したヌルマゴメドフが近距離でハイキックを狙う。間合いを取り直し、前進を続けるバルセロスだが、ヌルマゴメドフは構えを変えてローを3発蹴っていく。組んだバルセロスがケージにヌルマゴメドフを押し込んでヒザからエルボーを打ち込む。ヌルマゴメドフもヒザを返して離れると、左ミドルを入れる。ヌルマゴメドフは右オーバーハンドをヒット、さらに左ショートアッパーを放つ。直後にテイクダウンを決めたバルセロスがハーフから肩固めへ。

ヌルマゴメドフはヒジを張って防御するが、背中をつけた時間が続きバルセロスが再び肩固め狙いからマウント、さらにバックグラブに移行する。胸を合わせつつ、スクランブルに持ち込んだヌルマゴメドフがシングルレッグでケージにバルセロスを押し込んだところでタイムアップに。

恐らくはメインカードの数試合よりも、高いレベルの攻防を繰り広げた両者の戦いはバルセロスに凱歌が挙がった。


PR
PR

関連記事

Shooto

Movie