この星の格闘技を追いかける

【ONE105】ONEデビュー=澤田龍人戦へ、ボカン・マスンヤネ「スープレックスがなくても勝負できる」

Bokang【写真】試合展開と違い、非常に物静かなボカン・マスンヤネ。とにかくハイドレーション・テストをパスすることを祈りたい(C)MMAPLANET

6日(金・現地時間)にマレーシアはクアラルンプールのアシアタ・アリーナで開催されるONE105「Mark of Greatness」で澤田龍人と対戦するボカン・マスンヤネ。

7月にパンクラスに来日して、スープレスや豪快なスラムで衝撃を残し、勝利を手にした。パンクラスでチャンピオンになることを宣言していた彼は、ONEを選択して金曜日にはサークルケイジに足を踏み入れる。

ONEを選んだ理由、そして自信のほどをマスンヤネに尋ねた。


──ONEの計量に苦労をしているようですね。

「そうなんだ……オシッコがでなくて。もうボトルの水を3本も飲んだのに出ない……。早く出ないか待っているんだ(苦笑)。体重を落とす必要はないから、そこは問題ないんだけどひたすらオシッコが出るのを待っている状況だよ」

──ところで7月にパンクラスで大きなインパクトを残しましたが、そこからONE参戦となりました。

「僕の目標はより大きな団体で、ベストファイターと戦うことだった。だから南アフリカからパンクラスへ行った。そしてパンクラスで試合をしたあとに、ONEからオファーがあったんだ。より大きな舞台で、より優れた相手と戦うことができる。ONEで自分を試したいと思った。

パンクラスの人たちにはチャンスを貰ったことを感謝している。僕の試合を喜び、また試合を組んでくれることになっていたけど……僕はONEで戦うことを決めた。日本は本当に楽しかったし皆が僕をリスペクトしてくれて、本当に良い感じで迎え入れてくれた。そのことは決して忘れない。

日本の文化も雰囲気も大好きだったし……変わらず日本の人たちが僕のことを応援してくれることを願っている」

──確かに日本のファンもライブでボカンの試合を見続けたかったと思いますが、ONEで活躍することを願っているはずです。

「ありがとう。パンクラスでの試合と同じように、ONEでも最高の自分を見せるつもりで戦うよ。対戦相手のことを尊重し、全力でぶつかっていきたい。そしてチャンピオンに挑戦できるようになりたいね。もちろん、それは全てのファイターにとって夢だろうし……僕もONEで世界チャンピオンになってベルトを守っていきたいと思っている」

──その一歩が澤田龍人選手との試合です。

「プレッシャーを与えるのが上手い選手だね。柔術の技術もしっかりとしている。彼に自分のスタイルがどこまで通じるのか試したい。どんな試合になり、どんな結果が待っているのか本当に楽しみだよ」

──澤田選手は総合力で自分が上。打撃で戦えるし、投げられないと言っていました。

「何と言おうが彼の勝手だ。試合が終わればハッキリしているよ(笑)。とにかく全力を尽くす。でも、彼が僕のスタイルに合わせてくるなら、大変なことになるだろうね」

──ボカンのバックスロー、頭から落とす投げはONEでは反則になります。

「まぁ……それ以外にいくらでも投げる方法はあるから心配していないよ。スープレックスができなくても、他のレスリングの技で勝負できる。レスリングだけでなく、サワダが打撃で勝負してくるなら、そこでもきっと驚かせることができるだろう。まだ僕のパンチやキックを見ていないだろうから。リュウト・サワダだけでなく、皆が驚くことになるよ(笑)」

──実はONE世界ストロー級王者ジョシュア・パシオにボカンの試合映像をフィリピンで視聴してもらいました。ジョシュアは「なんて運動神経が良いんだ。この選手がONEに来るのが楽しみだ」と言っていました。

「おお、そうなのかい? 嬉しいよ。パシオは完成度が高くて、本当に彼のような最高のチャンピオンと戦いたい。彼と戦うことで、僕が世界でどれぐらいのレベルにあるのかが分かると思うから」

──何試合で彼の持つベルトに挑戦したいと考えていますか。

「う~ん、一歩ずつステップを踏むだけだよ。何より、金曜日の夜にあるリュウト・サワダとの試合を世界の皆に楽しんでほしい。僕がどんな技術を持っているのか、皆に知ってもらいたい。

僕は自分が世界のベストだと信じている。決して傲慢な意見ではなく……子供の頃からタフな人生を歩んできた強さをこれから発揮したいと思っている」

PR
PR

関連記事

Shooto

Movie