この星の格闘技を追いかける

【UFN165】No !!! プサン大会でコリアンゾンビと対戦予定だったブライアン・オルテガ、欠場に!!

Ortega【写真】ヒザの靭帯の負傷でプサン大会の欠場が決まったオルテガ(C)Zuffa LLC/Getty Images

4日(水・現地時間)、21日(土・同)に韓国プサンのサジク・アリーナで開催されるUFN165:UFN ESPN+23──そのメインでコリアンゾンビことジョン・チャンソンとフェザー級5分✖5Rを戦う予定だったブライアン・オルテガの欠場が本人のSNSで発表された。

目玉カードの消滅はその後、北米のMMAメディアでも報じられている。


この残念過ぎる情報はオルテガ本人がSNSで、練習中にヒザ前十字靭帯を負傷し、全治まで2、3カ月かかる見込みだということを明らかにしている。

「幸運にも部分的な損傷で、リハビリも開始しているが全治まで2、3カ月かかる」というオルテガは、ファンや対戦相手、UFCをがっかりさせたくなく戦うつもりでいたが、ドクターからケガを悪化する恐れがあると言われ出場を取りやめたという。

オルテガは2020年にこの対戦を必ず実現させると報告を締めているが、4年振りの韓国──そして初のプサン大会は最大の注目カードを失うことになった。

まだ現時点でUFCからオフィシャルな発表としてジョン・チャンソンの試合の行方、代役が用意されるというアナウンスはない。とはいえ、大会まで2週間──コリアンゾンビのいない韓国大会は考えられにくく、ショートノーティスで対戦を受けるファイターが現れる可能性は決して低くない──と思いたい。

PR
PR

関連記事

Shooto

Movie