この星の格闘技を追いかける

【UFN152】シャーウス・オリヴェイラが打撃でレンツを圧倒、右ストレートからパウンドアウト

<ライト級/5分3R>
シャーウス・オリヴェイラ(ブラジル)
Def.2R02分11秒by TKO
ニック・レンツ(米国)

サウスポーのレンツにオリヴェイラは右の蹴りを見せる。ワンツーから組んでいったレンツ、オリヴェイラが首相撲に捕らえようとすると離れる。飛び前蹴りから組んだオリヴェイラが離れ際に右ヒジを入れる。オリヴェイラはレンツの右ミドルをキャッチし右ストレートを2発打ち込む。さらに右ストレートを被弾したレンツは、オリヴェイラのスーパーマンエルボーに組んでいくが、テイクダウンは奪えない。エルボーをカットさせたオリヴェイラは右ストレートとエルボーを有効に使い分ける。

レンツも右フックから左ストレートを入れるが、右ストレートを打ち返したオリヴェイラが飛び前蹴りに。これが顔面をかすめたレンツは、ボディロックテイクダウンを決めるも直後にスイープで下にされる。首狙いに反応したレンツに対し、オリヴェイラは鋭いエルボーを落とす。レンツは立ち上がるが左ジャブを当てられるなど、劣勢のまま初回を戦い終えた。

2R、右ミドルをキャッチし右ストレートを打ち込んだオリヴェイラは、レンツのテイクアウンにギロチンをセットアップ。クローズドガードで背中を丸め、極めに掛る。レンツはここで一度だけ掌でオリヴェイラを叩くが、複数でなくタップにならず。直後にギロチンを外したオリヴェイラは、グラウンド状態で顔面を蹴り上げ注意を受ける。

同じポジションで試合が再開される。足をきかせて立ち上がったオリヴェイラがヒザ蹴り、組みに来たレンツにエルボーを放つ。両者が間合いを取り直し、打撃の間合いになるとオリヴェイラはここもレンツの右ミドルをキャッチし、右ストレートでダウンを奪う。鉄槌の連打に、背中を見せたレンツ。試合は決した。


PR
PR

関連記事

Shooto

Movie