この星の格闘技を追いかける

【ONE86】モライシュとフライ級王座初防衛戦を行うジェヘ・ユースタキオ「過去に生きることはない」

Geje【写真】虚勢でなく、自分を信じ、チームを信じ力強いことを発したONE世界フライ級チャンピオン (C)MMAPLANET

25日(金・現地時間)、フィリピンはマニラのMOAアリーナで開催されるONE86「Hero’s Ascent」。メインで同国最強チーム・ラカイ所属の世界フライ級王者ジェヘ・ユースタキオがアドリアーノ・モライシュを相手には初防衛戦を行う。

(C)ONE

(C)ONE

昨年6月に暫定王者としてタイトル統一戦に挑み、リベンジ達成とともにタイトル奪取に成功したユースタキオだが、判定結果は議論の対象となっていた。

今でこそ浸透しつつあるONEの判断基準を誰よりも先に研究し、勝利の方程式を確立したチーム・ラカイのチャンピオンは──その方程式を多くの選手が理解するようになった今、どのように防衛戦に挑むのか。

そしてデメトリウス・ジョンソンの参戦をどう捉えているのかを尋ねた。


──明日、アドリアーノ・モライシュとの初防衛戦を戦います。今の気持ちを教えてください。

「いつもと変わりなく、絶好調さ」

──初防衛戦の相手がモライシュになったことについては、どのように思っていますか。

「本音を言えばね、他の選手とも戦ってみたいよ。でも、それは僕が決めることではないからね。ONEがアドリアーノと戦えといえば、戦うのが僕の仕事だ。そしてタイトルを防衛することにフォーカスしているよ」

──ここでダイレクトリマッチになったのは、前回の対戦が接戦で判定でも色々と論争が起こったからだと考えますか。

「どっちが勝ってもおかしくなかった。それは分かっている。でも僕が勝ったんだ。今度はもっと良い試合をして勝つ。それだけさ。前回の試合後も僕はノンストップで成長している。タイミング、ポジションが良くなっていることを試合で見せられると思うよ」

──チーム・ラカイはONEの判定基準でいかに勝利するかをどのチームより詳しく学び、その成果が昨年のタイトル連戦で出たと思います。そして、今はどの選手もジムもそこに着目するようになりました。

「アドリアーノは前の試合よりも、必死になって向かってくるだろう。そして、違う戦い方をしてくるはずだ。でもね、30秒あれば彼がどんな風に攻めてきても対応できる。プランAがあり、プランBもある。どちらも最適じゃなければ、プランCで戦うだけさ」

──先週の土曜日にチームメイトのジョシュア・パシオが、猿田洋祐選手に敗れストロー級王座を失いました。ジェヘがモライシュに勝った時のようにテイクダウンはされても、打撃ではリードしたかのような試合展開でした。あの判定負けは今回の防衛戦に影響を与えますか。

「個人的にはジョシュアはテイクダウンされても、ガードからのエルボーでダメージを与えていた。そうだね、ジョシュアが勝ってもおかしくない試合だったし、ヨースケの勝利に不平をいうこともない試合だったよ。ジョシュアの日ではなかったんだ。それにね、あの敗北をネガティブに捉えることはない。あの試合でジョシュアが負けた。これは僕にとって新しいチャレンジになるんだ。

ジャッジの裁定をいつまでも振り返ってもしょうがない。過去を振り返るんじゃなくて、これからを見ないといけない。それが、僕にとってはケージに入ってベストを尽くすことなんだ」

──火曜日の記者会見でチャトリ・シットヨートンCEOが「あの試合はジョシュアが勝っていたと思う」と発言したことは、ジャッジに影響を与えないでしょうか。

「アハハハ、そうかもね。チャトリはこれまでも、ジャッジに異論を挟むことがあった。チャトリはね、素晴らしいチェス・プレイヤーなんだよ。ほんと、面白いよ。

いずれにしても僕とアドリアーノの前回の試合、ジョシュアとヨースケの試合は終わったことだ。過去に生きることはない。僕らは未来に向かって生きている。何か躓いた時に、そこで立ち止まるのではなくて歩き続けないといけない。そうやってきたから今、僕はここにいるんだ。

3年……4年前に多くの人が僕らはMMAでは勝てないというようなことを言ってきた。あの時、僕らは諦めなかった。だから今のラカイがある。前を向いてきた結果だよ。ネガティブな状況に発奮し、ポジティブに捉え前進してきたことを誇りに思っている」

──その通りですね。ところで今は明日の試合に集中しないといけないですが、デメトリウス・ジョンソンがONEにやってくると知った時、どのような気持ちになりましたか。

「DJが来ることで、フライ級の戦いがより一層激しくなる。それに僕はベルトが全てだとは思っていないんだ。チャンピオンに課されているのは、防衛すること。この連続だ。でも、マーシャルアーチストがより完璧を目指すには、背中を押す存在が必要になる。チャレンジする気持ちが欠かせないんだよ。

アドリアーノは長い間チャンピオンでいたから、ちょっと安閑としすぎるようになっていた。ずっとチャンピオンで、僕が彼を驚かすことなんてできないと楽観視していた。だから、僕はベルトを獲ることができたんだ。

そして今、DJがやってきた。全てのフライ級の選手が、彼に勝ちたいと思っているはずだ。この気持ちがファイターをより成長させるに違いない。皆がみな、次のDJの相手は自分だと思っているからね」

──それがONEフライ級にとってのDJ効果でもあるのですね。

「DJが僕らをより完璧にさせるんだよ。あぁ、P4Pが来ちゃったよ……なんて考えると逆効果だ。DJとONEの契約も世界のベストファイターと戦えるってポジティブに捉えているよ。

それとね、DJも忘れてはならないことがある。ストロー級、フライ級、バンタム級はアジアの階級だってことを。北米の選手層は厚くない。アジアにヘビー級やライトヘビー級が少ないのと同じで。それなのに彼らはアジアの軽量級を軽視する向きがある。

DJはアジアで戦うことで、その違いを知ることになるはずだよ。アドリアーノはブラジル人だけどずっとアジアで戦ってきた。ダニー・キンガド、カザフスタンのカイラット・アクメトフ、DJはアジアのフライ級の強さを知ることになるよ」

──力強い言葉、頂きました。では、明日の試合に向けて日本のファンに一言お願いします。

「過去最高の動きをアドリアーノ・モライシュとの防衛戦で見せるよ。アリガトウゴザイマス!!」

■ONE86対戦カード

<ONE世界フライ級(※61.2キロ)選手権試合/5分5R>
[王者]ジェヘ・ユースタキオ(フィリピン)
[挑戦者]アドリアーノ・モライシュ(ブラジル)

<ライト級(※77.1キロ)ワールドGP準々決勝/5分3R>
ホノリオ・バナリオ(フィリピン)
ローウェン・タイナネス(米国)

<フライ級(※61.2キロ)/5分3R>
ダニー・キンガド(フィリピン)
和田竜光(日本)

<ムエタイ・フライ級/3分3R>
ファディ・カレッド(チュニジア)
ロッタン・ジットムアンノン(タイ)

<ミドル級(※93.0キロ)/5分3R>
ライニア・デリダー(オランダ)
ファン・ロン(中国)

<キック・バンタム級/3分3R>
ジョシュ・トナー(豪州)
秋元皓貴(日本)

<キックボクシング・フェザー級/3分3R>
ブラウン・ピーナス(オランダ)
バングプリーニ・ペッチインディーアカデミー(タイ)

<フェザー級(※70.3キロ)/5分3R>
イ・スンジョン(韓国)
タン・カイ(中国)

<ムエタイ・フライ級/3分3R>
エリアス・マムーディ(アルジェリア)
小笠原裕典(日本)

<キック・バンタム級/3分3R>
モハマド・ビン・マフムード(マレーシア)
鈴木博昭(日本)

<ストロー級(※56.7キロ)/5分3R>
エギー・ロステン(インドネシア)
ヒマンシュ・コシィック(インド)

PR
PR

関連記事

Shooto

Movie