この星の格闘技を追いかける

【RFC07】佐藤将光、久米鷹介を迎え撃つ韓国勢

Kang Kyung Ho24日(土・現地時間)、韓国のケージ大会ROAD FCがソウルのチャンチュン大会で開催され、日本から佐藤将光、久米鷹介の二人が出場する。

【写真】再び与えられたチャンスを逃すことはできないカン・キョンホは、パンクラスを主戦場とする佐藤将光(15勝9敗2分)とメインで対戦する (C) MMAPLANET

バンタム級初代王座決定トーナメントに出場する佐藤。対戦相手のカン・キョンホは前回の2月大会で同トーナメントに既に出場し、計量オーバー。アンドリュー・レオンと対戦したが、1Rにつき1Pのペナルティ、さらに試合が判定にもつれ込むと敗北という条件下で戦い、判定負けを喫している。

計量オーバーだったファイターが、再びトーナメントに出られるのも首を傾けざるを得ないが、イケメン・ファイターは失地回復を期して、佐藤戦に臨むことになる。

また、久米の相手イ・ヒョンソクは、アームバー・キムの代役出場でキャリアは9勝3敗、テグMMA所属。トルネード・ソンの同門で、チェ・ドゥホのグミMMAは姉妹ジムの関係にある。RFCのアンダーカード=ヤングガンズでは第2回大会と前回大会に出場し、ともに三角絞めとアナコンダ・チョークで一本勝ちを収めている。


07年にはM-1韓国大会に出場し、スプリットながらロシア軽量級の強豪ウラジミール・ゼニンを下しており、油断はできない相手だ。既に兵役を済まし、兵役中も軍隊内でブラジリアン柔術のクラブを作って練習してきたという組み技師だ。

レスリング能力では久米に遅れを取るが、最近のMMAではガードを取るグラップラータイプもそれほど多くない、海外、ケージに加え、久米には良い経験になる対戦相手といえるだろう。

ONE FC帰りの元ライジングオン王者キム・シーチョル、ATTアトランタからジュカォン・カルネイロ、カナダからはデニス・カーンの実弟トミー・カンも登場、見所の多いメインカード6試合だ。


■LFC07対戦カード

<RFCバンタム級王座決定トーナメント1回戦/5分3R>
佐藤将光(日本)
カン・キョンホ(韓国)

<RFCバンタム級王座決定トーナメント1回戦/5分3R>
キム・スチョル(韓国)
ムン・ゼフン(韓国)

<80キロ契約/5分3R>
ホナン・ジュカォン・カルネイロ(ブラジル)
チャ・ジョンファン(韓国)

<ライト級/5分3R>
久米鷹介(日本)
イ・ヒョンソク(米国)

<RFCバンタム級王座決定トーナメント1回戦/5分3R>
ソン・ミンジョン(韓国)
ソ・セヒョン(韓国)

<ライトヘビー級/5分3R>
トミー・カン(カナダ)
キム・ウンス(韓国)

PR
PR

関連記事

Shooto

Movie