この星の格闘技を追いかける

【BFC62】ヘビー級決勝は再度見送り、ライト級Tスタート

2012.03.23

23日(金・現地時間)にテキサス州ラレドエナジー・アリーナで開催されるBFC62の公開計量が、22日(木・同)に行われた。

前週のメインで組まれていながら、チアゴ・サントスの体調不良により、今週にスライドされていたシーズン5ヘビー級トーナメント決勝=チアゴ・サントス×エリック・プリンドル戦は、サントスの計量オーバーにより、再びキャンセルされることになった。

先週に体調不良という発表があった際、サントスの体重が落ちていないという情報もあったが、改めてその噂を裏付けるかのように、今日の計量でも277.8ポンドとヘビー級規定を12ポンドもオーバーする結果となった。

なお、今大会ではライト級トーナメントもスタートを切るが、シーズン4準優勝のパトリッキー・フレイレ、シーズン4ウェルター級トーナメント・ファイナリストで五輪柔道代表経験のあるリック・ホーンら、出場8選手は全て滞りなく計量を終えている。


マイケル・チャンドラーへの挑戦権を賭けて戦うライト級トーナメント。本命は前述したフレイレとホーンと目されているが、ホーンと対戦するヒカルド・ティルローニは14勝1敗、ブラジリアン対決に挑むチアゴ・ミシェウは9勝2敗(9KO)、ヘネ・ナサレは10勝1敗と、彼らもレコード的に侮れない力を持っていることが予想される。

フレイレ、ミシェウ、ナサレ、ティルローニというブラジリアン4名が、ホーン、シーズン4ベスト4のロイド・ウッダード、ウェルター級から転向したブレント・ウィードマン、そのウィードマンと対戦する7連勝中(通算17勝3敗)のJJ・アンブローズ――、4名の米国人ファイターをリードしているシーズン6ライト級トーナメント・スタートラインだ。


■BFC62主な計量結果

<シーズン5ヘビー級トーナメント決勝/5分3R>
チアゴ・サントス:277.8ポンド(126キロ)
エリック・プリンドル:265.2ポンド(120.3キロ)

<ライト級トーナメント準々決勝/5分3R>
パトリッキー・フレイレ:155.6ポンド(70.58キロ)
ロイド・ウッダード:154.8ポンド(70.22キロ)

<フェザー級トーナメント準々決勝/5分3R>
リック・ホーン:155.6ポンド(70.58キロ)
ヒカルド・ティルローニ:155.2ポンド(70.4キロ)

<ライト級トーナメント準々決勝/5分3R>
ブレント・ウィードマン:155.8ポンド(70.67キロ)
JJ・アンブローズ:155ポンド(70.31キロ)

<ライト級トーナメント準々決勝/5分3R>
チアゴ・ミシェウ:154.8ポンド(70.22キロ)
ヘネ・ナサレ:155.8ポンド(70.67キロ)

PR
PR

関連記事

Movie