この星の格闘技を追いかける

【ONE FN23】箕輪が初回のダウンを跳ね返し、ミアドをコントロールしてスプリット判定勝ち

【写真】スプリットになる理由が分からないほど箕輪が攻め切った(C)ONE

<ストロー級(※56.7キロ)/5分3R>
箕輪ひろば(日本)
Def.3-0
ジェレミー・ミアド(フィリピン)

サークリングする箕輪が左インローを蹴ると、ミアドが『来い、来い』と挑発する。箕輪は左右のステップからダブルレッグで組んだ。ロープに押し込まれながらスプロールしたミアドが、右に回って離れる。リング中央で左フックを当てたミアドは、打ち合いで箕輪のアゴを跳ね上げた。箕輪も打ち合いに応じるも、ミアドの右を受けてダウンしてしまう。ミアドは追撃のヒザを狙ったが、すぐに立ち上がった箕輪が組んで、ミアドをロープに押し込んだ。ここでミアドがロープを掴んだとして、イエローカードが提示される。

再開後、箕輪がボディロックからグラウンドに持ち込むも、立ち上がったミアドがバックに回る。離れた箕輪は距離を詰めていく。左目付近に腫れが見られる箕輪だが、ダブルレッグでミアドに尻もちを着かせた。そのまま背中まで着かせるものの、スクランブルからトップを奪われてしまう。箕輪もスクランブルに持ち込むが、ミアドが左腕を差し上げてスプロールする。なおもシングルレッグで押し込んでいく箕輪は、再びミアドに背中を着かせた。ロープから頭を乗せたミアドに対し、パスした箕輪。しかしミアドが頭をロープ外に出しているため、パンチを打ち込めずに終わる。

2R、リング中央からサークリングする箕輪。箕輪の右カーフにミアドが左フックを合わせる。パンチで下がらせてからシングルレッグで組んだ箕輪が、背中を着かせてパスする。レフェリーはミアドの頭がロープ外に出ないよう、ドントムーブでリング中央に向けた。スクランブルからガブった箕輪が右ヒザを突き刺し、さらにシングルレッグで押し込んでいく。箕輪はシングルレッグ、ダブルレッグ、ガブりからのヒザと切り替えながら攻め込んでいく。

スプロールしたミアドが立ち上がり、箕輪をコーナーに押し込む。切り返した箕輪は、離れたミアドを追いかける。疲労が見られる両者だが、箕輪が打ち合いからダブルレッグで押し込んだ。シングルレッグ、ボディロックと揺さぶっていく箕輪は、小外刈りでグラウンドへ。細かくパウンドと鉄槌を連打すると、やはりミアドが頭をロープ外に出す。再びレフェリーがミアドの頭をリング中央に向け、箕輪が連打していった。

最終回、ミアドが左ジャブを突く。頭を振って前に出る箕輪が右を当てた。さらに左フックでミアドのマウスピースを吹っ飛ばした箕輪がダブルレッグで組む。背中を着かせた箕輪はパスして、サイドからパンチを落としていく。上半身を起こそうとしたミアドを抑え込む箕輪。ミアドは右腕を差し上げて、エビからガードに戻した。一度立ち上がった箕輪は、ミアドの足を捌いて逆サイドに回る。

Zハーフのミアドの顔面に鉄槌を落とす箕輪は、ミアドがロープ際まで下がるとマウントへ。しっかり抑え込みながら右ヒジを落とす。ミアドはハーフに戻し、右腕を差し上げてリバーサルを狙ったが、箕輪顔面にヒザを打ち込んで起き上がらせない。明らかに嫌がる表情を浮かべているミアドに、箕輪がサイドからパンチとヒザを叩き込み続ける。残り10秒でミアドが立ち上がるも、箕輪がロープに押し込んでいった。

裁定は箕輪がスプリットながら判定勝利を収め、連敗を脱した。


PR
PR

関連記事

Movie