この星の格闘技を追いかける

【Shooto2022#06】修斗世界ストロー級王者、猿丸ジュンジ─01─「自分は他のところに行く気はない」

【写真】今はもう黒ではなく、シルバーのベルトを手にしているはず(C)MMAPLANET

19日(月・祝)、東京都文京区の後楽園ホールで開催されるShooto2022#06で、修斗世界ストロー級王者の猿丸ジュンジが、ランキング1の新井丈を挑戦者に迎えて初防衛戦を行う。
Texty by Shojiro Kameike

昨年11月、黒澤亮平との暫定王者決定戦で勝利し、念願であった修斗のベルトを巻いた。それは2011年4月に生駒純司との王座決定戦で敗れてから10年、5回目のチャレンジであった。今年7月に正規王者であり、ONE参戦中の箕輪ひろばがベルトを返上したため、猿丸が正規王者に昇格。そして迎える初防衛戦を前に、猿丸が修斗への想いを語ってくれた。


――修斗世界ストロー級暫定王座を奪取した前回の試合から10カ月を経て、初防衛戦を迎えます。今の心境はいかがですか。

「ちょっと間隔が空いちゃいましたよね。もっと早く試合をしたいとは思っていました。待っていたから仕方ないんですけど。オレだけじゃなくて、他の選手も待っていでしょうし」

――待っていたというのは、正規王者の箕輪ひろば選手のベルト返上を待っていたということでしょうか。

「いや、オレは箕輪選手と試合をするつもりでした。だから箕輪選手がどうするのかを待っていたということですね。それが返上となったので、自分はすぐに防衛戦をやることにしました」

――正規王者の動向が不明な場合、保持する暫定王座の防衛戦を行おうとは思わなかったのですか。

「それは考えていなかったですね。箕輪選手と統一戦をするのが一番良かったと思いますし。箕輪選手とは試合したかったです。別に今は何とも思っていないですけど」

――では10カ月前のお話にはなりますが、初挑戦から10年越しで修斗のベルトを巻いた感想を教えてください。

「とにかく嬉しかったです。ようやく応援してくれている皆さんにも、ありがとうって言えるし」

――ベルトを獲得した黒澤戦は、ご自身の中では満足のいく出来だったのでしょうか。

「はい、満足いく出来でした。作戦通りではなかったけど」

――というと?

「テイクダウンを織り交ぜていくという作戦はそのままでした。でも、あんなに早く終わるとは思っていませんでした。もっと長引くと考えていたんです。テイクダウンから削って、相手の動きが鈍くなってきたところでフィニッシュを狙おうと。別にRNCでフィニッシュしようと考えていたわけではないけど、組んだら相手は立とうとするから、そこでバックに回るという展開を想定していましたね。

でも意外に、最初のパウンドが効いていたから。それが分かったので狙いに行って、RNCを仕掛けた時も、それほど抵抗もされなかったので極めることができました」

――開始早々にテイクダウンを仕掛けていましたが、もっと打撃で削ってから組みに行くことはなかったのですね。

「打撃で行こうとは考えていなかったです。テイクダウンに失敗して、立たれても上下に組み直していく。パンチとテイクダウンを混ぜて、スプロールされたら、逆に深追いされないように距離を保つ。スタンドではなくグラウンドで削る。そう考えていました」

――対する黒澤選手は、猿丸選手のローにパンチを合わせてきました。

「最初に合わされた時は、これは警戒しないとって思いました。予想以上にパンチが速くて、自分もそんなに見えていなかったんですよ(笑)。でも、こちらはパンチをもらわないポジションから出したり、常に頭を動かしていたから、クリーンヒットはなくて。

黒澤選手はパンチがというか踏み込みが速い。でも単調だし、踏み込む時に警戒していないんですよね。だからパンチが右でも左でも、自分が頭をずらしていれば組みつける。もっとフェイントかけてくれば、自分も入るのは難しかったかもしれないですけど」

――前回の試合前、猿丸選手から「今回負けたら引退する」と聞いていました。しかし勝利し、ベルトを巻いたことで引退は回避されたのでしょうか。

「アハハハ、そう言っていましたね(苦笑)。自分の中で求めていたスタイルが出来上がってきて、それでも負けたら仕方ないと思っていました。別に後ろ向きな気持ちではなくて。ベルトを獲るまで続けると決めていて、それで獲れなかったらラストになるのかな、と。でも勝てて良かったです。やっぱり続けたいから」

――一方で、修斗のベルトを巻くという最大の目標は達成しました。そこで達成感……もう十分かな、という気持ちは生まれなかったですか。

「達成感は大きかったです。でも、これでもう……という気持ちはなかったですね。たとえば修斗だけでなく、他のプロモーションでもチャンピオンになった選手は、違うところへ行こうとするじゃないですか。国内ならRIZIN、海外だとONEやUFCとか。自分はそうやって他のところに行く気はないので」

――すると、ベルトを巻いた次の目標はどこに置いているのでしょうか。

「強い修斗のチャンピオンでいること。もしRIZINやONE、UFCへ行きたい選手がいるなら、『強いチャンピオンである自分を倒して行け』っていう存在になることですね。そのためにも防衛戦はどんどんやっていきたいです。修斗を活性化させるために」

――……なるほど。

「えっ、意外ですか」

――いえ、意外ではないです。猿丸選手らしい考えだと思います。ただ良い悪いではなくて最初は同じような気持ちを持ちながらも、次の道を選ぶファイターも多くいました。

「そうか……自分のようなタイプは珍しいんですかね。でも、オレぐらいはそんなタイプでいても良いですよね」

<この項、続く>

PR
PR

関連記事

Movie