この星の格闘技を追いかける

【UFC274】アッパーでダウンを喫するも、右ストレート→後ろ三角→RNCでオリヴェイラがゲイジー倒す

<155.5ポンド変則UFC世界ライト級選手権試合/5分5R>
シャーウス・オリヴェイラ(ブラジル)
Def.1R3分22秒by RNC
ジャスティン・ゲイジー(米国)

オリヴェイラの計量失敗により、ゲイジーが勝利した場合のみチャンピオンに認定される変則タイトル戦。いきなり右を決めたオリヴェイラが、首相撲からヒザ蹴りと攻勢に出る。さらに右オーバーハンドを当てたオリヴェイラだが、直後にゲイジーのショートの右アッパーでダウンを喫する。スタンドで待ち構えたゲイジーは、ショートの右オーバーハンドを当てるとオリヴェイラが引き込む。ここもグラウンドには移行しないゲイジーは、立ってきた流血のオリヴェイラのジャンピングガ―ドにも即スタンドに戻る。

オリヴェイラはボディに右をヒットさせると、ゲイジーは左の空振りで腹ばいになるほど姿勢を乱す。首相撲にパンチを打ってきたゲイジーに右ストレートを当てたオリヴェイラ。ダウンを奪うとバックに回り後ろ三角へ。体を起こしてスケープしたゲイジーだが、即背中に回ったオリヴェイラが、バックグラブからRNCを極めてタップを奪った。

勝者オリヴェイラは、オクタゴンの外に出て何やらダナ・ホワイトに話しかけた。スケールに問題がある主張したオリヴェイラは、「おかしなことが起こったけど、チャンピオンの名はシャーウス・オリヴェイラだ。僕がチャンピオンだ。ベルトはここにあるべきだ。誰とでも戦う。コナー・マクレガー、来るか?」とマイクで話した。


PR
PR

関連記事

Movie