この星の格闘技を追いかける

【Bellator ES01】初回にダウンを奪ったフレイレが、スコープからスプリット判定勝利もぎ取る

<ライト級/5分3R>
パトリッキー・フレイレ(ブラジル)
Def.2-1:29-28.29-28.28-29
ライアン・スコープ(英国)

11勝1敗の実績を引っ提げてベラトール出場を果たしたBAMMAライト級王者スコープが右ローを蹴る。ワンツーを放ったフレイレ、左へのステップでかわしたスコープが右ローを続ける。フレイレは鋭い踏み込みでワンツーを放ち、ブロックしたスコープは掛け蹴りを見せる。手数は多くないがプレッシャーは強いフレイレに対し、スコープは遠目の距離で蹴りを繰り出す。

左右のフックで距離を詰めたフレイレが、右ヒザを顔面に突き上げダウンを奪う。フレイレはハーフからエルボーを連打してスタンドへ。続いて立ち上がったスコープはローは届かせるが、パンチはない。スイッチを見せるフレイレは、そのまま攻めずに初回終了を迎えた。

2R、左ハイを見せたスコープがスイッチして、左ミドル。フレイレは飛びヒザで距離が狭まるとパンチの連打を見舞う。距離を取り直したフレイレはシングルレッグへ。尻餅から立ち上がったスコープを首相撲で捕え、ヒザをボディに突き刺す。スコープがここで左ジャブを届かせる。思い切りが欲しいスコープが、ワンツーも後が続かない。それでもフレイレの前進にガードの上からショートを連打したスコープのパンチが当たる場面が増えて来る。

蹴りを散らし、ワンツーを繰り出すスコープは、下がったフレイレに後ろ回し蹴りを狙う。さらにスコープは左ローから右ハイを蹴り、動きが少なくなったフレイレからポイントを挽回したか。

最終回、ロングのストレートを放つフレイレに右ローを入れるスコープ。フレイレがプレッシャーを強めて左ミドルを2発、さらにスピニングバックフィストを狙う。スコープも右を返し、左ジャブを当てる。両者がスイッチを繰り返す主導権争いのなか、スコープのワンツーにフレイレが右フックを返す。

ジャブが当たるのはスコープ。対してフレイレはローを蹴り下ろす。ならばと右ハイを見せたスコープのボディに左フックを打ち込んだフレイレだが、右フックから左ミドル、そして右ストレートを被弾する。さらに鋭いローを蹴り込むスコープに対し、フレイレが後ろ回し蹴りを見せダブルレッグへ。

前転&スクランブルから立ち上がったスコープが、フックの打ち合いからフレイレの飛びヒザをかわす。尻餅をつき起き上がったフレイレは首相撲からヒザをボディに受けるもワンツー。直後にスコープが右ストレートを入れる。残り30秒でフレイレのダブルレッグを切ったスコープは、がぶりからバックに回って両足をフックする。後方からのパンチを連打しタイムアップを迎えたスコープは、ケージに駆け上がり勝利をアピールした。

初回は間違いなくフレイレ、最終回はスコープ。2Rはフレイレが序盤に攻撃を纏めるも、その後をスコープが試合を支配したが……。ジャッジはスプリットに割れ、フレイレに凱歌が挙がる。「何もなかったよ。勝つためにしっかりと戦った。最後のテイクダウンだって試合終了間際じゃないか」というフレイレにブーイングが浴びせられた。


PR
PR

関連記事

Martial World

Movie

Brave x Grachan

Gokikai Karate

ONEday